カメラをタイムマシンのように用いる「Back To The Future」


Photo : Irina Werning / Text : Mika Kobayashi

アルゼンチン出身の写真家イリナ・ワーニング(Irina Werning)の「Back To The Future」 はカメラをタイムマシンのように用いるプロジェクトである。彼女は、さまざまな人が過去に撮影した古い写真をもとに、撮影場所や洋服、表情、ライティングなど細部にいたるまで忠実に再現したうえでその人を撮影し、古い写真と彼女が撮影した写真を2枚一組として作品にしている。一連の作品は、撮影された人たちが年月を経てどのように年齢を重ね、変化してきたのかをユーモラスな方法で見せており、写真を見比べるうちに、ポーズや表情、撮影された状況やアングルなど、古い写真に備わる魅力や面白さが増幅される。古い写真の色合いや質感、経年変化による退色も正確に模して制作に取り組んでいるからこそ、2枚の写真の間にタイムマシンによる瞬間移動の感覚が強められていると言えるだろう。古い写真から着想を得て制作するワーニングの着想と手法は、写真を学ぶ前に大学で歴史を専攻していた、という経歴にも由来するところもあるだろう。
当初このプロジェクトは彼女の家族など、身近な人のスナップ写真を再現することから始まったが、インターネットを通して大きな反響を呼び、作品と共にその制作活動がさまざまなメディアに取り上げられ、同様の手法で撮影を試みるフォロアーたちも続出した。今や彼女は世界各地で撮影に取り組んでおり、「Back To The Future」は、古い写真を通してさまざまな地域や文化をも取り込むような大きなプロジェクトへと発展しつつある。


Irina Werning「BACK TO THE FUTURE」
irinawerning.com

Irina Werning 来日!2Daysイベント 2015/7/8(水)~7/9(木)

2010年、自身のプロジェクト「Back to the future」をホームページに公開し、
瞬く間に世界から注目された写真家・Irina Werning。
2012年、Portraiture Winner, 2012 Sony World Photography Awards 受賞。
2014年には、The 2014 Paris Photo – Aperture Foundation PHOTOBOOK AWARDS – FIRST PHOTOBOOK SHORTLISTに選出されました。
今回は、Irina Werningの来日にあわせ、2日間イベントを行います。
(2日連続参加は割引あり、1日だけの参加も可です!)

Day1[7/8]:How to make “Back to the future” Irina Werning トークショー
Day2[7/9]:写真集を読む会 Irina Werning×藤井ヨシカツ

【開催日時】
Day1: 2015年7月8日(水)19:00-20:30
Day2: 2015年7月9日(木)19:00-20:30
15分前より受付致します。(ギャラリー併設ですので、ギャラリーにてお待ちいただくことも可能です。)

【開催場所】TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY
〒104-0031 東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

【参加費】Day1: 2,000円(税込)/Day2: 2,000円(税込)
※両日続けてご参加いただきますと、2日で3,000円です。

来日特別イベントに申し込む