EXPOSURES
海外写真家たちのプロジェクト
ロバート・ドーソン『パブリック・ライブラリー(公立図書館)』


海外写真家のプロジェクトを紹介するコーナー。
今回は、サンフランシスコ在住の写真家ロバート・ドーソンが18年に渡って
アメリカ合衆国の公立図書館を訪ね、撮影した作品集を紹介する。
text:兼子裕代(写真家)

図書館の廃屋、ジェフリー・シティ、ワイオミング、2012
ジェフリー・シティはかつてウラニウム鉱山として繁栄したワイオミング州の中心に位置する街である。1982年に閉山したのち3年後には95パーセント以上の住民が街を去った。2010年時の人口58人。


写真集『パブリック・ライブラリー(公立図書館)』は、サンフランシスコ在住の写真家、ロバート・ドーソンが1994年から18年に渡ってアメリカ合衆国の公立図書館を訪ね、撮影した作品集である。

リーディングルーム、ウォバーン公立図書館、ウォバーン、マサチューセッツ、1994
1876年チャールズ・ウィンの巨額な寄付金によって建造された。建築家ヘンリー・ホブソン・リチャードソンによる。国定歴史建造物。

 

一見すると地味な建築写真のコレクションであるが、ページをめくるにつれ、その多様さに驚かされる。質素な木造の図書館から、重厚巨大な古典様式の図書館、ガラス張りのモダン建築もあれば、ゴーストタウンの廃墟と化した図書館まで。その差異の広さは、この国の歴史を表象すると同時に厳しい格差社会を物語っているとも言えよう。
「図書館は、この国において、税金で運営される数少ない公共施設のひとつです。人々は公というものを敵対視すると同時に依存もしている。そういった、市民と公の関係への強い関心がこのプロジェクトへ私を駆り立てました」

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ