PHaT PHOTO CONTEST(PPC)
Vol.91審査風景


写真雑誌「PHaT PHOTO」の人気誌上写真コンテスト。毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、座談会形式で審査を行います。審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかも。誌面では収まりきらなかった審査風景を一挙配信します!

審査員:横木安良夫・佐藤倫子・テラウチマサト

横木安良夫
写真家。1949年千葉県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。篠山紀信氏のアシスタントを経て1975年に独立後、広告、ファッション、エディトリアルなど多方面で活躍。2009年からテレビ朝日「世界の街道をゆく」の動画とスチールを担当。写真のワークショップAYPCを主宰。AmazonのKindleを用いて写真家によるプロジェクト「CRP (Cross Road Project)」を立ち上げ。2015年9月、「CRP RUSSIA VLADIVOSTOK 2008」vol.1、vol.2を出版。www.alao.co.jp

佐藤倫子
写真家。東京都生まれ。東京工芸大学短期大学部写真技術科卒業。株式会社資生堂宣伝部入社。退社後フリーランスに。写真家として都内中心に個展・グループ展を開催し、企画からイベント、講座やセミナーなどで活動。主に化粧品などの広告写真を撮り続けてきたことが基本となり、作品にも「美」のある写真をつくり続けている。2014年、写真集「hopscotchings」(桜花出版)出版。公益社団法人 日本広告写真家協会(APA)正会員。www.rin-photo.com

テラウチマサト
写真家。1954年富山県生まれ。出版社を経て1991年に独立し、これまで6,000人以上のポートレイトを撮影。ライフワークとして屋久島やタヒチ、ハワイなど南の島の撮影をする一方で、近年は独自の写真による映像表現と企業や商品、及び地方自治体の魅力を伝えるブランドプロデューサーとしても活動中。主な写真集に、富士山をとらえた『F 見上げればいつも』(T.I.P BOOKS)がある。www.terauchi.com

本誌のPPCページ(P60~P69)と併せてのご視聴を推奨致します。
本動画には撮影不良のため、途中、音声と作品画像のみの表示箇所がございます。予めご了承ください。

本動画の公開が大幅に遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ