気になる!著作権法のあんな場合、こんな場合


「イベントで子どもが楽しんでいた写真を広報用の写真として使いたい」
「学園祭に出演したタレントを撮影してWebにUPしてもOK?」など
誰もが気になる著作権法の疑問を、
法律の専門家であり、フォトグラファーとしての顔も持つ
塩澤先生にお答え頂きました!

QUESTION!

(1)写真家の代表作と同じ場所、構図で撮った写真を発表してもいいでしょうか。
(2)有名な建物の写真を撮って、写真展やWeb サイトで発表してもいいですか。
(3)イベントで子どもが楽しんでいた写真を広報用の写真として使いたいのですが
「肖像権」の侵害に当たりますか?

(4)許可なくインターネット上の写真や写真集の作品をスキャンして素材を集め、
加工・コラージュして自分の作品として発表してもOK ?

(5)街にあるモニュメントや芸術作品を撮ってもOK ?
(6)学園祭に出演したタレントを撮影してWeb にUPしてもOKですか。

ANSWER!

(1)写真家の代表作と同じ場所、構図で撮った写真を発表してもいいでしょうか。

全く問題ありません。そんなことを言ったら、誰も富士山を撮れなくなってしまいますね(笑)。どんどん撮りましょう! 問題になる場合があるとすれば、その写真を「複製」しようとした場合です。写真は被写体がすべてではなく、撮る季節や時間、露出やシャッタースピードなど、さまざまな要素で1枚が構成されています。できる限りその条件をあわせて意図的に複製しようとした場合は、著作権法第21 条の複製権の侵害にあたります。でも普通は、「あの作品と同じ場所に行って撮ってみよう」もしくは「ここはあの名作と同じ場所だ!」と気付いたとしても、そっくり同じ写真を撮ろうとすることはないですよね。他人のそら似は全く問題ありません。
---------
これより先はメンバーのみ閲覧できます。
メンバー登録はコチラから

ログイン