写真家を志す人へ テラウチマサトの写真の教科書
第6回 写真上達の順番


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

◆コラムの一覧を見る

「写真が上手くなるにはどうしたらいいですか?」という質問は誰もが訊いてみたい質問だろうし、実際、質問されることも多い。その答えは、それぞれいろいろな答えがあるだろうけれど、私が勧めるのは“たくさん観ること”である。上手くなるためには“たくさん撮る!”ではなく“たくさん観る”である。

“たくさん観る”とはどういうことだろう。世界にはいろいろな国があるように、写真にもいろいろなタイプの写真がある。
世界を旅して人々の暮らしや街並み、考え方を知ることで、自分自身の生活や生き方に気付くことがあるように、いろんな種類の写真を観て多様な写真の価値を知り、自分の好きな写真、やってみたい写真の方向が見えてくるのだ。

好きな写真、気になった写真を頭の中にインプリントすることは、自分が被写体に向かってカメラを向ける際の撮影ヒントにもなるだろう。「こんな構図で撮っていたな」とか「ピントの当て方、背景のぼかし方はこのくらいだったはず」とか思い出して撮ることで被写体をさらによく観ることになるし、新たに気付くことも生まれて写真が自分流のものに変化していく。

その時、大事なことは“見ること”ではなく“観ること”だ。“見る”と“観る”の違いを意識してほしい。
見学の見と観察の観の違い。それはどこにあるのだろう?

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ