ある人物を通して描く死生観
奥山由之が次に進む写真表現とは――


広大なスペースに展示された奥山由之『As the Call, So the Echo』。
いままでの奥山由之という写真家のイメージが揺れ、
作品の大きな渦の中に巻き込まれていくような、新しい感覚を伴った展覧会だ。
写真新世紀の優秀賞を受賞後、数々の写真集を出版し、展覧会を開催、
また広告やファッション、映像などの分野でも幅広く活躍している奥山は、
いまどのように写真と向き合っているのだろう。
写真評論家のタカザワケンジが新作『As the Call, So the Echo』について訊いた。

奥山由之『As the Call, So the Echo』展は2017年12月25日(月)までGallery 916にて開催。

テキスト=タカザワケンジ 写真=清水純一

 

意識したのは、写真の流れをどう見せていくか

タカザワ Gallery 916での展覧会は写真集と同じく4部構成で展開されています。映像作品を含め、広い空間を使うことで奥山さんが表現しようとされていることが明確に伝わってきました。展示と写真集、どちらを先に考えられたのでしょうか。

奥山 写真集が先でした。もともと大好きなギャラリーだったのですが、写真集の刊行と同時に写真展を開こうと考えたときに、この作品にはどうしてもここがいいと思いました。写真集にしか入っていない写真もあるので、展示と写真集、それぞれに意味が見出せたと思っています。

タカザワ 展示に当たって意識されたことはありますか。

奥山 いままでは、展示全体でイメージを1つ伝えるという意識がかなり強くて、散文詩というか、全体で何かが伝わればいいなと思っていました。しかし、今回の写真集は4つのシークエンスに分かれているので、展示でもいままで以上に写真の流れについて意識しました。

タカザワ これまで展示されてきた場所よりも天井が高く、広い空間ですよね。

奥山 いままで焼いてこなかったような大きなサイズ、縦2m近くのプリントもあります。ですが、意識していたのはやっぱり流れをどう見せるか。観た人の意識がどう流れていくか、ですね。

会場に入るとまず大きなサイズの謎めいた写真が眼に飛び込んできます。写真集で見ても不思議なイメージでしたが、展示では大きいサイズにプリントし、アクリルで覆われているためにその抽象度が増したと感じました。

ファッションショーを写した抽象的なイメージから展覧会は始まる

 

奥山 4章立てのうち、1章と3章はプリントのサイズを大きくしたり、中心線を揃えず目線を少し高くしています。プリントは光沢紙。アクリル装にすることで反射をつくっています。例外的に2章と4章と同じ額を1点ずつ使っていますが、アクリルを入れてやはり反射をつくっています。

とくに黒みの多い写真を大きくすることで、見ている方が写り込む。見ているというよりは見させられているというイメージにしたくて。走馬灯のように思い出してしまうとか、いつの記憶だったかわからないけれど、パッと思い出してしまう記憶の片隅にこびりついている様な情景に見えれば。

タカザワ フラッシュバックするような感覚ですね。2章と4章は村の日常的な生活を描いていて、ほぼ時間順に写真が並んでいるので、ドキュメンタリー写真として見ることもできる。しかし、1章と3章は抽象的、演劇的なイメージです。

奥山 1章と3章については、写真の内容もそうですが、展示としても少し見にくくしたいというのが前提でした。一方、2章と4章は半光沢のプリントをガラスやアクリルは入れずに額装し、少し位置を下げて等間隔で配置することで、落ち着いて見られるようにしています。村の生活を身近に感じてほしいからです。

村の日常を撮影した2章は落ち着いた空間に

 

タカザワ そもそもこの作品をつくることになったきっかけを教えてください。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ