写真家を志す人へ
テラウチマサトの写真の教科書
第9回 写真と言葉の関係


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

◆コラムの一覧を見る

写真家には、文章が上手な人が多いような気がする。

それはもしかしたら、「よく観察する」ということが理由かもしれない。写真家は、撮るときに被写体をじっと観察する。たとえば、ボートを漕いでいるシーンを撮影するとしても、何も考えず適当にシャッターを押すわけではない。対象の動きを隅々まで目で追って、最適なタイミングがくるのを待つのだ。

シャッタースピードを遅くして画面をぶらすのか、流し撮りをするのか、あるいは高速シャッターで水しぶきが上がる瞬間をおさえるのか。
ボートのスピード感を表現する場合と、海の広さを表現する場合には、当然切りとるタイミングも違うだろう。

自分が表現したい写真を撮るには、観察が不可欠だ。そして、文章を書くということも同じ。
人物や風景をよく観察しなければ、それらを文章で描写することはできない。
観察し、情報を得ることで、言葉は厚みが出てくるのである。そういう意味で、写真と言葉は似ているように思う。

 

言葉が無ければ

僕は、自分の複雑な感情を写真に託したいと思って、いつも表現をしてきた。そして、曖昧な感情を撮ろうとするときに、度々やっぱり言葉がなければだめだと感じることがあった。

今回載せた写真は、11月のデンマーク。とても暗くて、寒そうな冬の景色。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ