飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.4
石内都『絶唱、横須賀ストーリー』


1947年、群馬県桐生市に生まれた石内都は、多摩美術大学を中退後に写真家の道を選び、1979年に第4回木村伊兵衛写真賞を受賞する。以後コンスタントに作品を発表し、2005年に「Mother’s」で第51回ヴェネチア・ビエンナーレに参加、2014年にはハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、国際的にも高い評価を受けている。

石内都『肌理と写真』
横浜美術館

期間:開催中~3月4日(日)まで

石内都は6歳の時に神奈川県横須賀市に移り、19歳で多摩美術大学に入学するまでを、その「米軍基地と軍港の街」で過ごした。大学では染織を学んでいた石内が、写真家として最初に取り組んだテーマのひとつが、少女時代を過ごした横須賀を再び訪れて撮影することだった。

横須賀の記憶は、むろんポジティブなものだけではない。石内はむしろ傷口を押し広げるようにして撮影を続け、1977年に150点近い作品による個展「絶唱、横須賀ストーリー」(銀座ニコンサロン)を開催する。79年には、そこからさらに107点に絞り込んで、写真集『絶唱、横須賀ストーリー』(写真通信社)を刊行した。この写真集は、既に1978年に写真集にまとめていた『APARTMENT』(写真通信社)とともに、第4回木村伊兵衛写真賞の受賞対象となった。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ