写真家を志す人へ
テラウチマサトの写真の教科書
第10回 「時流」と「自流」


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

◆コラムの一覧を見る

世界にはいろいろな国があるように、「今の写真」にもいろいろな種類がある。
そのときの流行りや好みもあるし、あくまでも自分が撮りたいスタイルもある。

それは、「時流」と「自流」という言葉に頭の中で置き換えて、自らが今撮ろうとしているものがどちらにあるのかを自覚しておけばいいと思う。私も「時流と自流」は意識し、取り込んだり、取り込まなかったりしている。

しかし、撮っていて楽しいのは、「今の写真」に関わらず、自分の好きなor自分が得意とするor自分が追い求めたいタイプの写真がいちばんだろう。だから、「今の写真」という「時流」を意識しつつ、自己流を押し通すことも悪くないと思う。

ただ、撮った写真をアート作品として正当に評価を受けたいのなら、よく言われることだが(「時流」や「自流」のいずれにしても)「自分の写真が西洋美術史のどの流れを汲むものか」という考えを持っていた方がいい。そうすることで写真評価もより高まるはずだ。

それこそが「今の写真」において必要なポイントだと思っている。
また自分の撮りたい写真が自分自身にさえよく判っていなかったり、理解出来ていないとしても、西洋美術史の中の〇〇派とか〇〇主義などの系統を学んでいれば本当はこんなスタイルの写真が撮りたかったのだ!と明確になることもあるだろう。

 

2つの「時流」

たとば、19世紀頃。
西洋美術史の中では、18世紀後半から19世紀にわたり、フランス芸術運動が起こった。
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ