レンズ選択の幅が広がるマウントアダプターとは?―メリットと失敗しない選び方



「求める写真に少しでも近づきたい」
「自分の写真には何かが足りない」
「表現の幅を広げたい」
写真を撮り続けていくにつれ、多くのフォトグラファーはそう思うようになるのではないでしょうか。

写真は撮り手の思いを伝えるメディア。「何をどう伝えるか」の核は撮影者自身の人となり、育んできた問題意識など、撮り手それぞれの内面やキャラクターにあるのでしょう。そのうえで、撮影の結果として実際に写し出されたイメージそのものには、ほかのさまざまな要素も複合的に関係しています。

テキスト=渡邊浩行 / 写真=吉田藍

< 目次 >
1.レンズを変えるとイメージが変わる
2.レンズ選択の幅が広がるマウントアダプターとは?
3.プロカメラマンがマウントアダプターを使う2つの理由
4.マウントアダプターの種類を知る
5.失敗しないマウントアダプターの選び方
6.プロに信頼されるメタボーンズ社製品の魅力とは?


1.レンズを変えるとイメージが変わる


使用機材もその一要素。例えば、ある被写体を撮る場合に“デジタルを使うかフィルムを使うか” “自然光で撮るかフラッシュを使って撮るか”で写真の印象は変わります。機材が写真のニュアンスに少なからず影響することを考えると、その選択も撮り手のキャラクターの表れだといえるのではないでしょうか。

写真のニュアンスに密接に関わる機材がレンズです。目の前の光を捉え一個のイメージとして切り取り、定着させる写真撮影において、レンズそれぞれの描写特性は写真の雰囲気やテイストに表れます。下の3点の写真を見てください。

使用レンズ:ソニー SEL2470Z 24-70mm F4

使用レンズ:ライカ ズミクロン 35mm F2

使用レンズ:コンタックス G35-70/3.5-5.6

これらは被写体を同じ条件で、レンズのみを変えて撮影したものです。撮影に使用したカメラはソニー製のα7s。レンズは上からソニー純正レンズ、ライカ製レンズ、そして、コンタックス製のGレンズの3種類。どれも焦点距離は35mm、絞りF4で撮影しています。色味、空気感、明暗のグラデーションなど、描写の傾向はレンズごとにそれぞれ独特です。

「テーマ」「被写体」「光のコンディション」等々、撮り手にとっての必然的な要素の選択と組み合わせの結果が写真作品だとすれば、レンズもその一部。可能な限りの選択枝の中から自分の写真に合ったものを追求するのに値するでしょう。とはいえ、通常はこの作例のように、ソニー製のカメラでライカやコンタックスのGレンズを使用することはできません。撮影できているのはマウントアダプターを使っているからです。

2.レンズ選択の幅が広がるマウントアダプターとは?


マウントアダプターとは、マウントの異なるカメラとレンズを装着するためのアダプターのこと。


マウントとはカメラとレンズの接続部分の規格を意味し、その形状はカメラメーカーによってそれぞれ違います。例えば、キヤノンのカメラにニコンのレンズを装着することができないのはマウントの規格が異なるから。そのため、キヤノンユーザーは原則的にキヤノン純正のレンズかサードパーティー製のキヤノン対応レンズを使用することになります。


ところが、マウントアダプターで変換すれば、本来装着できない異なるマウントのカメラとレンズを使用することが可能になります。このことは、使えるレンズのバリエーションが増えることを意味し、撮り手にとってレンズ選択の幅が広がることは、数多くのレンズから自分にとってベストの1本を見つけ出す機会が増えることになります。

このマウントアダプターについて、銀一スタジオショップの山田浩一さんにお話をうかがってきました。

3.プロカメラマンがマウントアダプターを使う2つの理由


銀一スタジオショップは東京・月島にある老舗の写真機材店。品揃えの点数と幅広さ、スタッフの方の持つ情報量の豊富さ、サポートやサービスの細やかさから、写真表現の最先端で活躍する多くのプロカメラマンに支持されています。

銀一スタジオショップ・山田浩一さん

山田さんによれば、カメラマンがマウントアダプターを使う理由には、大きくわけて2つあるといいます。


「1つは、カメラを別のメーカーに切り替えた際に、過去に使っていたレンズを使いたい場合です。複数のレンズの中から撮影に合ったものを仕事に応じて使い分けるプロカメラマンの場合、カメラ本体のメーカーを切り替えるとレンズも一から揃える必要が生じます。その費用は馬鹿になりません。マウントアダプターを使えば元々持っていたレンズをそのまま活用できます」

「もう1つは、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ