【終了】写真のまとめかたや並べ方、編集方法に悩んでいませんか?



写真はたくさん撮るけれど、その写真を誰かに見せるときに、
まとめかたや伝え方に悩むことはありませんか?

「撮影テーマはあるけど、どうまとめたらいいのかわからない!」
「伝えたいことがきちんと伝わる、写真の並べ方ってどうするの?」
「写真の編集って興味はあるけど何からはじめればいいの?」

という人のために、
写真評論家の飯沢耕太郎さんに、歴史に残る写真集を分解しながら
写真の編み方をレクチャーいただく講座を開催いたします。

アラーキーの『センチメンタルな旅』は、
なぜこれほどまでに評価される写真集として名を残しているのか?
牛腸茂雄の『SELF AND OTHERS』
人々を魅了し続ける理由はどこにあるのか?
自分が撮影した写真ではないマイケル・ライトの
『フル・ムーン』は、どのように編集されたのか?

などなど、写真の並べ方、組み方を写真集から学び、
“写真で伝える力”を身につけてる機会にしてください。

■概  要■

●1回目/9月12日(金)19:00~20:30
<物語を作り上げる力>『セーヌ左岸の恋』『SELF AND OTHERS』『鴉』など
●2回目/10月3日(金)19:00~20:30
<伝わるプライヴェートドキュメンタリー>『センチメンタルな旅』『タルサ』『性的依存のバラッド』など
●3回目/11月7日(金)19:00~20:30
<見たことのない世界の語り方>『ハニー・ハンターズ・オブ・ネパール』『フル・ムーン』『里山物語』など

【会   場】T.I.Pクラスルーム2 (東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F
【定   員】各日20名
【持 ち 物】「写真集が時代をつくる!-飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集-」
※テキストとして必要となりますので、お持ちでない方は事前にお求めください。
【ゲ ス ト】飯沢耕太郎(いいざわこうたろう)
1954年宮城県生まれ。写真評論家。1977年日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『増補 戦後写真史ノート』(岩波現代文庫)、『写真的思考』(河出ブックス)、『深読み! 日本写真の超名作100』(パイインターナショナル)などがある。

【参 加 費】
○各日単発お申込 3,500円
○3日間連続お申込 10,000円
↑↑3日間連続お申込の場合、500円引き&
別日に写真集食堂めぐたまにて飯沢耕太郎さん&編集部写真講評会へのご招待!

受付終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございました!

○参加費は当日おつりがでないようご用意頂き、受付スタッフにお支払いください。
※3日間連続でお申込頂いた方は、参加費は初日に全額お支払いとなります。
またご都合により欠席された場合、欠席日分の参加費払い戻しは致しかねますので予めご了承ください。

○キャンセルチャージについて
開催の7日前~4日前:参加費の30% ・開催の3日前~2日前:参加費の50% ・開催前日・当日:参加費の100%の
キャンセルチャージが発生いたしますのであらかじめご了承ください。

「写真集が時代をつくる!-飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集-」
本講座のテキストとなります。下記または講座会場のT.I.Pにて事前にお買い求めください。
『写真集が時代をつくる!
―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』を購入!

■『写真集が時代をつくる!
―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』とは?■

「PHaT PHOTO(ファットフォト)」2008年11-12月号~ 2012年11-12月号で飯沢耕太郎さんが連載していた『時代に残る写真集』をまとめた冊子。60ページ、A4サイズ、オールカラーで、写真集の顔となる表紙が大きくレイアウトされ、中ページもご覧いただけます。写真集にまつわるストーリーや作者のこと、時代背景などが分かりやすく解説されているので、「写真集をどう読めばいいかわからない」、そんな方の「写真集入門書」としてもぴったりな1冊です。

<登場する写真集>
小石清『初夏神経』
ウィージー『ネイキッド・シティ』
アンリ・カルティエ=ブレッソン『決定的瞬間』
エドワード・スタイケン編『ザ・ファミリー・オブ・マン』
エド・ファン・デル・エルスケン『セーヌ左岸の恋』
フィリップ・ハルスマン『ジャンプ・ブック』
リチャード・アヴェドン『オブザヴェーションズ』
ジャック=アンリ・ラルティーグ『J=H・ラルティーグの少年時代の写真』
森山大道『にっぽん劇場写真帖』
中平卓馬『来たるべき言葉のために』
ラリー・クラーク『タルサ』
荒木経惟『センチメンタルな旅』
ダイアン・アーバス『ダイアン・アーバス』
東松照明『太陽の鉛筆』
ウィリアム・エグルストン『ウィリアム・エグルストンズ・ガイド』
牛腸茂雄『SELF AND OTHERS』
ナン・ゴールディン『性的依存のバラッド』
深瀬昌久『鴉』
エリック・ヴァリ/ダイアン・サマーズ『ハニー・ハンターズ・オブ・ネパール』
古屋誠一『メモワール』
今森光彦『里山物語』
ヴォルフガング・ティルマンス『コンコルド』
マイケル・ライト編『フル・ムーン』
ポール・フスコ『RFKの葬送列車』
渡部雄吉『犯罪捜査』

「写真集が時代をつくる!-飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集-」
本講座のテキストとなります。下記または講座会場のT.I.Pにて事前にお買い求めください。
『写真集が時代をつくる!
―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』を購入!