「アドバイスが欲しい」「作品紹介して欲しい」あなたへこれで万全!売り込みに臨むQ&A


自分の写真を誰かに見てもらいたい。それが仕事や自分の作品PRにつながると嬉しい。一度やってみたいと思っていたけどできなかった“売り込み”ってどんなもの? 何が必要か知りたい! などなど、売り込みにまつわる疑問を、「PHaT PHOTO」編集部(以下「P*P」)への売り込み方を例にQ&A形式でご紹介します!
※本記事は2008年8月号(Vol.47)の誌面を元に掲載しています。

QUESTION!

■アポ取り編

Q.連絡は電話とメール、どっちがいいの?
Q.意外と簡単に見てもらえるの?
Q.いつ行ってもいいの?
Q.では、どの時期にアポを取ればいいの?

■いざ売り込み!編

Q.どんな服装でも大丈夫?
Q.ブック形式で持って行くべき?
Q.写真はどのくらいのサイズがいいの?
Q.写真以外に必要なものってある?
Q.写真の枚数はどのくらいがベスト?
Q.絶対にプリントじゃなきゃダメ?
Q.どんな質問をされるの?
Q.平均的な滞在時間はどれくらい?
Q.作品を紹介してもらうにはどうすればいいの?
Q.仕事につなげるためにはどうすればいいの?
Q.コネクションはつくれたりするの?

ANSWER!

■アポ取り編

売り込みはまず、担当者と会う約束をするところから始まります。とはいえ最初は緊張してしまうもの。どんな風にしてアポを取るか、注意すべきポイントをチェック!

Q.連絡は電話とメール、どっちがいいの?

A.編集部によって違いますが、「P*P」の場合は電話の方がウケがいいです。緊張してカミカミでも大丈夫。「お忙しいところ…」と日本人のココロを垣間見せると好印象です。そして名前と連絡先だけは何が何でも伝えることを忘れずに!

Q.意外と簡単に見てもらえるの?

A.時間に余裕がある場合は難なくOKです。ただし、雑誌で作品を取り上げて欲しいのか、仕事がしたいのか、はたまた感想だけ訊きたいのかなど目的をきちんとまとめておきましょう。目的なく持ってこられた作品には、期待するコメントはできないかも…。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ