【終了】コロンビアで(あっさり)成功した!? テラウチマサト作品プレゼン講座



写真集『F(エフ) 見上げればいつも』が1か月で完売し、
この度日・英併記版を出版したテラウチマサト。
先日コロンビアで開催された国際シンポジウム 「フォトグラフィカ ボゴタ2015」
招聘され、自身の作品プレゼンを行い、大成功をおさめました。

日本特有のあいまいな美学を外国人に向けて明確な言葉で説明し、
プレゼンは作品評価につながりました。
その内容を特別に公開します!

今回はコロンビアで実際に行ったプレゼンを例に、

□ 海外で作品を認めてもらいたいとき
□ 写真展で自身の作品を説明するとき
□ クライアントから仕事を取ってくるとき

など、自身の作品プレゼンに必要なスキルをご紹介します。
自身の作品をどうプレゼンするか考えることは、
自身の作品コンセプトを見つめ直し、精査していくこと。
ひいては、作品の質の向上にもつながります。
またプレゼン力は日々の生活や仕事においても役立つスキル。
話を聞くだけで、幅広く活用できる内容です。

少人数の特別講座になりますので、ぜひお早めにお申し込みください。
【NEW!】②③の講座では、テラウチからあなたへ直接、作品プレゼンアドバイスも!
各自3分の作品プレゼンタイムを設けますので、ご希望の方は申込時のフォームに
チェックをお願い致します。当日作品をお持ち下さい。枚数、大きさ、形態は自由です。
(データをプロジェクター投影希望される方は、前々日までにイベント事務局へデータをお送り下さい)

日・英併記版の富士山を被写体にした
写真集『F Whenever I Look UP』もついてきます。

写真家として成功する為に、写真の仕事をもっと増やすために、
いつか海外で展示したり、写真を販売したりする為に、
必要なテラウチ流のプレゼン力を特別にご紹介します。

【 1回目・2回目の参加者ご感想 】

「意外な内容、想像を超えた内容でした。自分の作品への取り組み方を考えさせられました。もっと大きな世界の中でつくりたいと思いました」(y.n さん)

「作品をつくっていくうえで、自分が想像する内容を具体化するために、知識を含め、白と黒の間にあるグレーの存在があることを実感した。プレゼンが必要なときに、大事な話を聞けました」(神島美明 さん)

「日本人が外国からどう認知されているのか、そのためにどのようにプレゼンしなければならないのか。考え方の違いと自分たちの無意識の表現法について、納得できました」(ともみ さん)

「日本人の美意識があらためてわかった気がします」(とおだよしのり さん)

「先生の価値観と生き方、表現がものすごく分かりやすい言葉で語っていただき、日本人であることも幸せに思えるお話でした」(さくら♥ さん)

「大変お得な講座です。自分とは何かを考えている日本人の作家に、自分のアイデンティティーに悩み、日本にいる外国人の写真を撮る方に、“Why”について考えようとしている全ての人に」(いはら ほつみ さん)

「かつてはアメリカやヨーロッパのアートの文脈を知らなければ、とよく聞いたのですが(中略)日本人として、という事をもっとキチンと知るのがやはりまず必要なのかと」(本多俊一 さん)

「気がつかなかったこと、もやもやしていたことが、はっきりした形として見えてきました」(M Sato さん)

「世界での写真プレゼンの様子を見ること、日本でアート写真のプレゼンについて学ぶ機会ははなかなか無いことなので、大変興味深く聴きました」(M Sato さん)

【 参加者特別特典 】
\写真集『“F” Whenever I Look up (見上げればいつも)英訳併記版』(4000円相当)付き/

いままでになかった富士山写真集!?

写真家・テラウチマサトはカメラを手に走りながらロケーションを見つけて撮影を行うスタイルを
“ランナーズフォト”と呼び、2009年からこのスタイルで富士山の撮影を行ってきました。
今回の写真集ではパリのユネスコ本部より招聘され、ユネスコ イルドアクトギャラリーにて
展示を行った富士山作品のほか、新作も収録。父や母など身近な人を富士山に重ね合わせ、
ポートレイトのような気持ちで撮影した新しい富士山写真を提案しています。

2015年3月4日に発売開始しました前作『F(エフ)見上げればいつも』は
ご好評により、約1ヶ月で完売となりました。
今回も早期完売が予想されますが、参加特典として参加者のみなさんのために
特別確保致しました!この機会をぜひご活用ください。

■概要

【開催日時/参加費】
開催日① 6月17日(水)19:00~21:00 /8,000円
開催日② 7月15日(水)19:00~21:00/10,000円
開催日③ 8月26日(水)19:00~21:00/10,000円

※17日(水)は開催日間近ですので、参加費がお安くなっています。
※講座内容は①②③全日程同じです。
※全日程とも写真集『“F” Whenever I Look up (見上げればいつも)英訳併記版』(4,000円相当)付き
開催日当日に受付にてお渡しいたします。

【開催場所】
開催日①/③ TIP Class Room 2(東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F)
開催日② 「PHaT PHOTO」写真教室 大クラスルーム(東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル4F)

【参加人数】 各回定員15名(最少催行人数10名)

■講師

テラウチマサト
1954年、富山市生まれ。日本実業出版社を経て1991年に独立。
ポートレイト、風景、プロダクトから空間まで、独自の表現手法で常に注目を集める写真家。なかでも、ポートレイト作品においてはこれまで6000人以上の俳優、モデル、タレント、経営者などの著名人を撮影。テラウチにしか撮らせないという声も多い。
モノやコトの“隠れた本質”を捉える着眼点や斬新な表現手法に、イベントプロデュースから、町興しのオファーも集まる。2014年10月より、富山市政策参与に就任。2015年1月には長崎県東彼杵町芸術大使に就任。写真家としてのクリエイティビティを活かした幅広い創作活動を得意とする。
カルティエの撮影や米国マサチューセッツ工科大学で講演、2012年、富士山作品に関連してパリのユネスコ本部から唯一招聘され写真展示を開催。2015年、コロンビア「FOTOGRAFICA BOGOTA 2015」に招聘され講演するなど、海外からも高い評価を得ている。

※本講座はPHaT PHOTO写真教室およびTIP発行の講座割引券は適応外です。予めご了承下さい。
※当日おつりのないようにお支払ください。
※お申込み先着順となります。※申込み後、自動返信メールにて受付を致します。
※キャンセルチャージについて
開催の7日前~5日前:参加費の30%/
開催の4日前~2日前:参加費の50%/
開催前日・当日:参加費の100%のキャンセルチャージが発生します。予めご了承ください。
プライバシーポリシー

※本イベントは終了しました。