PPC上位入賞への道!


無料で気軽に応募できるPPC(ファットフォトコンテスト)
プリント応募、オンライン応募が自由に選べるようになりました。
「なかなか入賞しない!」という方に向けて、上位入賞への極意を、
さまざまなプロフェッショナルに教えてもらう連載企画です。
本コンテスト以外の応募時や、写真展で作品を展示するときにも
使えるテクニックをご紹介していきます!

Vol.1「1枚写真のタイトルの付け方」

大和田良

今回のテーマは「タイトルの付け方」。写真は撮れても、タイトルをつけるのが苦手!という方も多いのでは?フォトコンテストの応募時に参考になるタイトルの付け方について写真家の大和田良さんに訊きました。後半では、現在公開中のVol.100で実際に応募された方の作品のタイトルについて何作品かをピックアップし、作品タイトルの講評を行っています。

大和田良/Ryo Ohwada
おおわだりょう 1978年宮城県生まれ。東京工芸大学大学院芸術学研究科修了。スイス・エリゼ美術館「明日の写真家50人」に選出される。日本写真協会新人賞受賞。

 

写真=大和田良

 

この写真のタイトルは何?大和田さんがどう考えて付けたのか、文の最後をチェック!

タイトルの前に、審査でいつも気になる、
インクジェットプリントの話。

PPCで拝見する応募作と作家は、他誌やさまざまなコンペに比べても年齢層が比較的若く、そのためアイデアがありフレッシュな作品を見かけることが多いように思います。

ただ、同時に技術的な不足が目立つ写真が多いという印象があります。特にプリントのクオリティには技術の差というのが表れやすいのですが、みなさんはどのようにプリントされているでしょうか。

1枚出してOKという方は、少なくともプリントではなくまずはオンラインで応募することをお勧めします。熟練した技術者や写真家でも1枚でプリントが成立することは、ほとんどありません。

特にインクジェットプリントは難しく、トーンやコントラスト、紙の相性などを吟味する技術が無ければ、モニタ上で撮影したままの写真のほうが数段高いクオリティで写真を見せることができるでしょう。

オンライン応募が可能なPPCにおける最大の利点はここだと私は思います。

撮影技術で劣るということは今のカメラを使えばほとんどありませんが、プリント技術はそうはいきません。

しかしながら、この難しいプリントの工程をパスできれば、今日写真を始めたという方でも十分に入賞の可能性はあるでしょう。初心者から中級者の方にはオンライン公募の制度を積極的に使ってみてほしいですね。

ただし、最終的には適切なプリントが仕上げられるように精進していくことが重要です。良いトーンで再現されたプリントのモノとしての存在感は、やはりモニタで見るよりもずっと説得力がありますし、作家の力を感じられるものです。

審査員がタイトルを確認するのは、どのタイミング?

さて、前置きが長くなってしまいましたが今回はタイトルについてです。

はじめに写真の審査においてタイトルがどのように見られているのかということをお話ししておいたほうが良いかと思います。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ