写真家を志す人へ
テラウチマサトの写真の教科書
第3回 本当なら、僕は選ばれなかった?


写真の学校を卒業したわけでもない、
著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、
国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、
アシスタントに伝えたい内容を、月2回の特別エッセイでお届けします。

第1回 気が付いたら写真家になっていた
第2回 私の修業時代
第3回 本当なら、僕は選ばれなかった?
第4回 10月2日(月)更新予定

◆コラムの一覧を見る

◆プロフィール
テラウチマサト
写真家。1954 年富山県生まれ。出版社を経て1991 年に独立。これまで6,000人以上のポートレイトを撮影。ライフワークとして屋久島やタヒチ、ハワイなど南の島の撮影をする一方で、近年は独自の写真による映像表現と企業や商品、及び地方自治体の魅力を伝えるブランドプロデューサーとしても活動中。2012年パリ・ユネスコにて富士山作品を展示。主な写真集に、「ユネスコ イルドアクトギャラリー」でも展示した富士山をとらえた『F 見上げればいつも』や、NY でのスナップ写真をまとめた『NY 夢の距離』(いずれもT.I.P BOOKS)がある。www.terauchi.com

 

第3回 本当なら、僕は選ばれなかった?

「アサヒカメラ」の2位を皮切りにいろんなコンテストに応募する様になり、次々と賞や入選を貰った。
ワークショップにも顔を出すようになったあるとき、フリーランスの写真家として「女優」や「おんな」をモチーフにした広告や雑誌、TVCFで活躍していた一色一成(いっしきいっせい)さんに写真を見てもらう機会があった。

個人的にではなく100人ほどが作品を提出し、順に作品講評してもらうワークショップ。講評希望者で埋まった部屋の真ん中あたりに座って、スライドで投影される写真の講評を聞いていた。

自分の作品が投影された。光るバイクの写真。一瞬間があって「この写真は誰?」と一色さんが受講生を見まわす。恐る恐る「僕です」と小さな声で答えた。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。
※当Webマガジンは、富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)の
アカウントでのログインも可能です。

プレミアム読者のお申し込みはコチラ