PHaT PHOTO CONTEST(PPC)
Vol.101審査風景


写真雑誌「PHaT PHOTO」の人気誌上写真コンテスト。毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、座談会形式で審査を行います。審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかも。誌面では収まりきらなかった審査風景を一挙配信します!

審査員:かくたみほ/河野鉄平/テラウチマサト

かくたみほ
1977 年三重県鈴鹿市生まれ。日本デザイナー学院グラフィックデ ザイン科名古屋校卒業。1999 年に上京し、スタジオ LOFT スタジ オマンを経て、写真家小林幹幸に師事。その後独立。現在は雑誌・ CDジャケット・広告などにてポートレート、風景を中心に活動中。 グループ展や個展を多数開催。写真集に『キラリキラリ』(バイイ ンターナショナル/ 2013)、NOTE BOOK写真集「07 FAITH OF BUHTAN」(自社出版/ 2016)、「MOIMOI そばにいる」(求 龍堂/ 2017)がある。
www.mihokakuta.com

河野鉄平
1976 年東京都生まれ。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業。 写真家テラウチマサト氏に師事。写真雑誌「PHaT PHOTO」の 立ち上げに参加、2003 年独立。著書多数。近著に「もっと撮り たくなる写真のアイデア帳」(MdN)「【プロワザ】が身につく ストロボライティング基礎講座」(玄光社)など。カメラ雑誌へ の寄稿も多数。Profoto 公認トレーナーを務めるなどセミナー も多数開催。個展は 2014 年 TIP ギャラリー(京橋)、2015 年 ポーラミュージアムアネックス(銀座)など、精力的に活動中。

テラウチマサト
写真家。1954年富山県生まれ。出版社を経て1991年に独立し、これまで6,000人以上のポートレイトを撮影。ライフワークとして屋久島やタヒチ、ハワイなど南の島の撮影をする一方で、近年は独自の写真による映像表現と企業や商品、及び地方自治体の魅力を伝えるブランドプロデューサーとしても活動中。主な写真集に、富士山をとらえた『F 見上げればいつも』(T.I.P BOOKS)がある。www.terauchi.com

本誌のPPCページと併せてのご視聴を推奨致します。


●各作品の講評時間(目安)は動画の下部ページをご参照ください。
●限定公開動画のため、「共有」や「再生リスト」等への追加はご遠慮ください。

【各作品講評時間(目安)】
0:00:00~
1位「花祭り」

0:05:16~
2位「小さな白い花」

0:09:35~
3位「視点」

0:16:54~
3位「daydream believer」

0:24:12~
5位「薔薇力」

0:27:31~
6位「秘密」

0:33:13~
7位「なごりの雪」

0:36:19~
7位「遠慮」

0:38:54~
7位「春のお仕事」

0:43:38~
入選「キャンドル」

0:45:42~
入選「デートする亀」

0:49:27~
入選「アリさんのおうち」

0:51:41~
入選「テニスプレヤー」

0:54:50~
入選「まんま」

0:59:24~
入選「パターンへの闖入者」

1:02:08~
入選「夢の中へ」

1:04:58~
入選「巌流島」

総評
1:08:45~