テラウチマサトの写真の教科書16
撮りたいものが見つかった、タヒチでの出来事


写真の学校を卒業したわけでもない、著名な写真家の弟子でもなかったテラウチマサトが、
約30年間も写真家として広告や雑誌、また作品発表をして、国内外で活動できているわけとは?

失敗から身に付けたサバイバル術や、これからのフォトグラファーに必要なこと、
日々の中で大切にしていることなど、アシスタントに伝えたい内容をお届けします。

8年間、通ったタヒチの日常風景を写した写真を、写真集として上梓したテラウチマサト。
今回はタヒチでの撮影秘話です。

写真集『タヒチ 昼と夜の間』
価格:4,000円(税込)
仕様:上製本/W148mm×H195mm/176ページ/特製ケース付き
<購入はこちらから>
http://cmsinc.shop-pro.jp/?pid=130161582

 

タヒチは新婚旅行で行く島?

タヒチを訪れたきっかけは、タヒチ観光局から、「撮影ツアーをやりませんか」と声をかけていただいたことだ。

タヒチって、新婚旅行に行く島だと思われているところがある。
でも本当はそうじゃない。
たとえば、スウィート10ダイヤモンドという言葉があるが、
そういう、少し年を重ねた夫婦や、仕事に自信をもって活躍できるようになった人たちがじっくり訪れて味わう島。
そういうことをPRしたいという話をいただき、訪れたのがきっかけだった。
たしか、「PHaT PHOTO」写真教室の生徒たちと一緒に行ったと思う。

タヒチ観光局の方にいろいろとお話を伺った。
日本人にはタヒチ島とボラボラ島くらいしか知られてないけど、
タヒチは118の島で構成されていること。
それから8年間連続で毎年11月から1週間、訪れていたが、通算すると12年通った。

それまでタヒチはゴーギャンのイメージしかなかった。
そして、美しい海というメージ。でも行ってみて気づいたのは、
タヒチの魅力は海だけかというと、素晴らしい山の景色や夜の美しさもあるということ。
女性で日焼けしたくない人もいると思うが、そんな人にもお勧めだ。

手を伸ばせば届くような満天の星。

宇宙の気配そのものに包まれてる夜に出合ったとき、タヒチの魅力は昼間の海だけではない、山も夜もあると思ったのだ。

通うに連れて、タヒチのいろんな島に行くようになりイメージは変わった。
タヒチの深さを知ったのだ。

真夜中のアシスタントからの電話

タヒチを訪れていたある日、印象的な出来事があった。---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ