ステップアップのヒントに!フォトコンPPC vol.106「もうちょっとで入選!」審査員の講評


自由 「発車待ち」福井悟(奈良県・54歳)

新聞を握りしめた右手が印象的ですね。何十年後にみかえすと、新聞からニュースの内容までわかり、また違った印象で楽しめる写真になるような気がしました。服が茶色でズボンが黒いせいもあると思いますが、もう少し人物がはっきりと見えた方がよかったと思います。
 

自由/オンライン 「わたしが春を感じるとき」林辺幹奈(東京都)

左のつぶれた上履きと、右の新学期の新しい上履きに、お子さんの成長を見たとのコメントですが、素敵なまなざしだなと思いました。全体的に色味がクリーム色で単調だったのがすこし残念でした。もう少し、撮影場所を工夫してもよかった気がします。
 

自由/オンライン 「metallic way」中野敬弘(東京都・39歳)

秋葉原を歩いていて見つけた建物とのこと。下からあおって撮ったことにより、どこまでも続く終わりのない壁のように見えて、ダイナミックでした。iPhoneで撮影したとは思えないです。できればあとひとつ、何かインパクトが欲しかったです。
 

自由 「冬の夜空に」田中裕之(京都府・55歳)

今年1月31日の皆既月食の皆既までの前半部分を撮ったものということです。あいにくの曇り空で面白い光の軌道になったとのこと。隕石が落ちてきているようなスケールを感じました。その時しか撮れない写真をしっかり写しとった貴重な作品ですね。
 

自由 「タイトルなし」木村響子

満開の桜に、地面に映った影。奥にはサッカーをしている少年たち。金網にかけられたリュックが均等に並んでいて、とてものどかないい風景だと思いました。ただ右側の枝が少しごちゃごちゃしている印象があり、もう少し整理できるともっとよくなったと思います。
 

PPCへの応募はどなたでもOK!詳細はこちら