作品づくりにおけるステートメント・キャプションとは? それぞれの意味と、つくり方。


作品制作に欠かせない「ステートメント」と「キャプション」って?

作品づくりや編集作業に必要な、「ステートメント」や「キャプション」。
展示やコンテストに応募する人は、一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。
そんなお悩みを解決すべく、写真家向けステートメント講座を開催する、横内重雄さんに聞きました!

※この記事は、PHaT PHOTOvol89. をもとに構成したものです。

横内重雄(よこうちしげお)
1954年インド共和国生まれ。アメリカ、ロサンゼルスで育ち、国際基督教大学教養学部語学科卒業後、外資系企業のマーケティング活動に携わる。写真家を海外に輩出するためのステートメント作成講座を、2008年から定期的に開催。
この記事の内容
1.解っておきたい!「ステートメント」と「キャプション」の違い
Ⅰ.それぞれの役割は?
Ⅱ.主観? または客観?
Ⅲ.どんな場合に使う?
Ⅳ.気をつけることは?

2.「ステートメント」のつくり方 
step1.まずは必ず押さえておきたいこの3 つを書き出そう
step2.自問自答をしてみよう
step3.実際につくってみよう!ステートメントの仕上げのコツ

3.このテキストを元にもう一度「編集してみよう!」

1.解っておきたい!「ステートメント」と「キャプション」の違い

I.それぞれの役割は?

キャプション:作品の一部

ステートメントとは違い、「作品の一部」となるのがキャプションです
見せる相手は、写真集や展示の「観客」
あくまで自分の写真のメッセージを伝える表現のひとつなので、詩的な言葉を使っても、文学からの引用をしても構いません。
「タイトル」もキャプションの一部と考えることができます。

ステートメント:作品の説明書

ステートメントとキャプションを混同して考えている人が多いようですが、この2つの大きな違いは、見せる相手
ステートメントは、作品の要約文章のことで、キュレーターやコンペティションの審査員、レビュアーに提出するもの。
作品を正しく“理解”してもらうための「作品の説明書」と考えましょう。

Ⅱ.主観? または客観?

キャプション:主観

キャプションは、主観で書かれていても問題ありません。
商品広告の「キャッチコピー」のようなもので、自分の写真をよりダイレクトに伝えるために、情熱的、感情的な言葉を使うこともあります。
逆に、「撮影場所」「日時」など、客観的なキャプションは、事実を淡々と述べるときに効果的。

ステートメント:客観

上に述べた通り、作品を理解してもらうためのものなので、客観的である必要があります。
「何を撮っているのか?」「いつ撮ったのか?」「どのように撮っているのか?」そして「なぜ撮っているのか?」など、全てではなくとも、「5W1H」が組み込まれている必要があります。

Ⅲ.どんな場合に使う?

キャプション:写真展やフォトコンテスト

写真展で作品と共に掲示するテキストや、1枚ずつで応募するフォトコンテストなどで必要な「タイトル」もキャプション。
タイトルの例だと、ロバート・キャパの有名な1枚「崩れ落ちる兵士」が好例。
似た意味でも、「崩れ落ちる」「倒れる」「転ぶ」など、一言の違いで写真から想像できることは大きく変わります。

ステートメント:コンペやポートフォリオレビュー

コンペティションやポートフォリオレビューで必要となります。
つまり、プロジェクトや撮影テーマを「評価」してもらうときに必要です。
同じ作品であっても、ステートメントの善し悪しで、作品の評価は大きく変わることでしょう。

Ⅳ.気をつけることは?

キャプション:ルールはなし!伝えたいことが伝わる形

キャプションの制限は特になく、スタイルや規定にこだわる必要はありません。
たとえば、フォントにこだわることも考えられます。
キャプション込みで、作品として販売してもOKです。
自分の作品のメッセージを伝えるために適切なテキストであれば、どんな方法で表現しても構いません。

ステートメント:わかりやすく完結に。A4、1 枚に収めよう

分量としては、A4のテキストファイル1枚で十分。
審査員を相手に、大量の作品の中から選び出してもらうためには、
できるだけ端的にわかりやすく、作品の要約をする必要があります。
ただし、要約といっても「箇条書き」は見る人に失礼なのでNG。
次のページで、書き方のポイントをご紹介していきます。

2.「ステートメント」のつくり方

step1.まずは必ず押さえておきたいこの3つを書き出そう

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ