作品づくりのワンポイントアドバイス!フォトコンPPC vol.107「あと一息」講評公開!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
デジタル雑誌でも配信しているPPC vol.107の結果と講評を、PHaT PHOTO Webでもご紹介します。

PHaT PHOTO CONTEST
■入選:応募作品の中から一次審査を通過した17点
■もうちょっとで入選:「入選」にわずかに届かなかった20点
■あと一息:「入選」「もうちょっとで入選」には選出されなかったが、編集部が取り上げたい、あと一息で受賞に届きそうな13点

 
今回は、編集部が選出した「あと一息」の作品発表です。
応募していただいた写真の応援ひと言コメントをお届けします。
 

「あー疲れた!」岡本和宏(富山県)

公園で見つけた白鳥の滑り台が疲れた感じに見えたということで、すごくユニークな作品ですね! 少しアンダーな色味も内容に合っています。こうきたか!という、見る人を楽しませてくれる魅力がありました。

「なごり」松本信一

桜の木と散った花びらを多重露光で写すことで、まるで雪のように見える表現をしているところが面白かったです。作者の印象をしっかりと写真に写すことができる感性が素晴らしいと思いました。

「去年の夏」王映儒(大阪府)

美しいと思ったひまわり畑をそのまま撮影せずに、多重露光したことで、印象的な1枚になりました。去年の夏を記録したのではなく、記憶を写した写真ですね。ぜひいろんな手法にチャレンジしてほしいです。

「Gerbera~submarine~」本多貴政(広島県)

ユニークさとファッショナブルさで目を引く1枚でした。工夫はすごく感じられるのですが、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ