恐るべきダンサーの写真ドラマ。細江英公『おとこと女』|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.13


細江英公『おとこと女』(カメラアート社/1961年)、[復刻版](ニューアートディフュージョン/2010年)※写真は復刻版

細江英公は1933年、山形県米沢市で生まれ、東京・葛飾で育った。1954年に東京写真短期大学を卒業、56年の初個展「東京のアメリカ娘」で注目され、59年に東松照明、奈良原一高らと写真家グループVIVOを結成した。VIVO解散後、『おとこと女』(1961年)、『薔薇刑』(1963年)、『鎌鼬』(1969年)と次々に意欲作を発表する。また、東京工芸大学教授、清里フォトミュージアム館長などを歴任した。

細江英公は1959年、東京・日比谷の第一生命ホールで、土方巽が踊る「禁色」を見て大きな衝撃を受けた。のちにその時のことを、「私は観客席から飛び出して舞台裏の楽屋に走って行き、[中略]抱きついたのか握手をしたのかは忘れたが、恐るべきダンサーの出現に声もよく出なかった」と回想している。細江はすぐにこの「恐るべきダンサー」を被写体とした
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ