テラウチマサト×沖昌之[前編]/猫の魅力を「引き出す」ための心がけ


盛況の後に終了した、沖昌之さんの「残念すぎるネコ」展。会期中のイベントとして、写真家のテラウチマサトさんとのトークショーが開催されました。PHaT PHOTO写真教室でテラウチさんの生徒だった沖さん。PHaT PHOTO写真教室に通い始めるきっかけからはじまり、沖さんとテラウチさんのお互いの写真観まで深堀します。

撮影:@batten_oneさん

今も考え続ける「可愛い・きれい」を抜け出す方法

 よろしくお願いいたします。今日はこうしてテラウチ先生とお話をさせていただいているのですが、失礼ながら教室に通うまでテラウチ先生の名前を存じ上げませんでした。
闇雲に猫の写真を撮っていた2014年頃、知人にPHaT PHOTO写真教室を紹介してもらったんです。そこでテラウチ先生に僕の猫の写真を見せたら、面白がってもらえたんですよね。入校当時、写真のことはもう右も左もわかりませんでした。

テラウチ 沖さんのクラスでは、最初からPPC(PHaT PHOTO CONTEST)に応募することを宿題にしていたんです。沖さんの写真がどんどん良くなっていったことを覚えていますね。

 毎回いろんなテーマで宿題が出されるんですが、勝手に自分の中で被写体を「猫しばり」にしていたこともあって、月1回の宿題が毎回つらくて(笑)。

テラウチ 沖さんの写真って、タイトルがすごく面白いんです。たとえばこれ。最初は本当に巌流島で撮ったのかと思った(笑)。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ