写真展準備で必ずおさえたいプリントの基礎知識と心得【本番編】


写真展をはじめ、自分の写真を発表するときに、みなさんは写真をどのように出力していますか?
「どんな知識があればいいのかわらかない」「実は自流で、探り探りやっている…」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、プリントの疑問や不安を解消し、展示で失敗しないための基礎知識やコツをお伝えします。
後半の「本番編」では、プリントをするときのテクニックをご紹介いたします。
(前半は、プリントをする前段階で知っておいて欲しい知識をまとめた「準備編」です)

この記事で知れる、展示プリントのポイント!
本番作業1.意外と知られていない最初のプリントのコツ
本番作業2.「色が合わない」のは当たり前!?
本番作業3.レタッチは「質」「表現」の目的を明確に!
本番作業4.確認必須の「白飛び」 「黒潰れ」
本番作業5.最後にコンディションのチェックを

本番作業1.意外と知られていない最初のプリントのコツ

プリントのミスを大幅に減らす、意外と知られていないプリントのコツは、

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ