いい写真を撮るには?テラウチマサトが思う知識よりも大切にしたいこと


テラウチマサトの写真の教科書テラウチマサトの写真の教科書vol.21。
PHaT PHOTO写真教室の校長を務めるテラウチが、昨年新しくしたカリキュラムをご紹介しながら、写真を撮るうえで大切なことを語ります。

―――――

観る・感じる・考える・行動する

PHaT PHOTO写真教室では、昨年新しいカリキュラムのクラスをつくった。
生徒の傾向や写真の時代性を考え、この現代において「いい写真だなあ!」と思われるものを撮っていくためには変革が必要だと思ったからだ。

いい写真を撮るには、「観る・感じる・考える・行動する」という4つの軸が大切だと思う。教室のカリキュラムもそのことを意識しながら作成した。いくつかポイントはあるけれど、今回は改革ポイントを簡単にご紹介したい。

写真を撮るには、「観る」ことが不可欠。それはみんな知っていることだろう。でも、それはただ目の前にあるものを目で捉えるだけのことではない。

人は目に映るものがなんなのか、その答えを知った瞬間、関心を失う。たとえば遠くに、黄色い花の群生が現れたとき。あれは何だろうと興味を示していたら、隣の誰かに「あれはひまわり畑だよ」と教えられたとしよう。気になっていたものの正体がわかってしまったら、近づくのをやめてしまわないだろうか。人は「知っている!」と思ったときから、興味を失う。

「もう知っている」と理解することは、同時に思考を止めてしまうことでもあると思う。立ち並ぶ向日葵の形、日に透けた花弁の色、重なり合う葉の濃淡。近づいて自分の目で確かめることで気付くことがある。理解のストッパーをかけず、黙って観察すること。僕はそれを、「観る」と呼んでいる。

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ