ニューヨーク近代美術館(MOMA)に初めて展示された写真家の作品。ウォーカー・エヴァンズ『アメリカン・フォトグラフス』|飯沢耕太郎が選ぶ「時代に残る写真集」Vol.17


Walker Evans; American Photographs, The Museum of Modern Art (再版、2012)

 ウォーカー・エヴァンズ(1903〜1975)はアメリカ・ミズーリ州、セントルイスに生まれた。若い頃はフランス文学に興味を持ち、1926年に渡仏するが、帰国後に写真家の道を歩む。

 1935年、アメリカ南部の農業地帯を撮影するR.A.(再入植局、のちにF.S.A.[農地保障局]と改名)の仕事につくが、37年に退職してからはフリーランスとして活動した。

 1938年、ニューヨーク近代美術館で『アメリカン・フォトグラフス』展を開催。戦後は「TIME」等に作品を掲載し、イェール大学でも教鞭をとった。

 ウォーカー・エヴァンズの『アメリカン・フォトグラフス』展(ニューヨーク近代美術館、1938年)は、同館で開催された最初の写真家の個展である。それだけでも写真史に残る重要な業績だが、むしろ、同時に刊行されたカタログに目を向けるべきだろう。その内容やレイアウトは画期的であり、そこから現代的な写真集の
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ