ロバート・フランクが再び写真へ向かうきっかけに。突然訪ねてきた日本人と作った写真集とは?|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集



 ロバート・フランク(Robert Frank)は1924年、スイス・チューリッヒに生まれる。1947年に渡米し、55〜56年に、グッゲンハイム奨学金を得て全米を旅しながら撮影した写真による『アメリカ人』(The Americans)(フランス語版1958年/英語版1959年)を出版する。以後映画作家に専念した時期もあるが、1972年刊行の『私の手の詩』から、ふたたび写真家としての活動を再開し、90歳を超えた現在に至るまで、多くの写真集を刊行、展覧会を開催してきた。

写真から距離を置いていたロバートフランク

 1971年11月のある日、ロバート・フランクのニューヨークのスタジオを、2人の日本人が通訳をともなって訪ねてきた。写真集専門の出版社、邑元舎を立ち上げたばかりの元村和彦と、その友人の幡谷紀夫である。2人の目的は、フランクの新しい写真集を出版する許可を得ることだった。その願いは聞き届けられた。写真集は翌年、杉浦康平のデザインで、『私の手の詩 The Lines of My Hand』と題して邑元舎から刊行される。

 フランクはこの時期、写真から距離を置いていた。1959年にGrove Pressから刊行された『アメリカ人』は、あくまでも個人的、詩的な眼差しで同時代のアメリカを描き出した傑作として高い評価を受け、若い写真家たちからバイブルのように扱われるようになる。だが、

---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ