フォトコンテストで上位に選ばれた理由は?講評をチェック!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、審査を行い、座談会形式で3名の視点から講評します。
上位50作品は必ずコメントがつくフォトコンテストです。

本記事では、上位入選10作品を一挙ご紹介。
1位に選ばれた作品の良さは?評価の分かれ目ってなに?審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかもしれません。

審査員:熊谷聖司/佐藤倫子/テラウチマサト

偶然を捉える確かな撮影技術

1位「弥生の空」今村修(埼玉県)

――今回の1位は、自由応募による今村修さんの作品「弥生の空」です。熊谷さんが1位、佐藤さんが3位に選ばれました。

熊谷 この作品をモニターで拡大して見てみると、群れの中に1羽だけ白い鳥がいたんです。作者は意図していなかったかもしれないですが、その発見が決め手になりました。

写真を講評する時は、よく観察することが大切だと思っています。たとえ作者が気づいていない部分でも、そこに面白さが潜んでいる。写真が持つ魅力を改めて感じました。

佐藤 突然のシーンで構えて撮ったショットだと思うのですが、その偶然性と、まるで意図したような構図が上手くミックスされています。そして、その表現がいやらしくない。

鳥たちが散らずに、ぎゅっと丸く集まっている瞬間をよく捉えられていますね。その時でしか撮れないチャンスを、しっかり見極められたんだろうなと思いました。

テラウチ 鳥のまとまり方が面白いですね。確かに、佐藤さんが言われたようにわざとらしくない切りとり方だと思います。

ちょうど電波塔の真上に鳥が群れるタイミングを、カメラを構えて待っていたのでしょうか。偶然の瞬間にも関わらず、落ち着いてシャッターを押されていると思います。安定した作者の撮影技術を感じました。

演出しないピエロの表情に物語を感じた

2位「After the show」船見征二(栃木県)

――2位は2作品あります。まずは、自由応募で船見征二さんの作品「After the show」。佐藤さんが1位に選ばれました。

佐藤 ピエロの表情に目を引かれました。昔の映画のワンシーンのようですね。被写体の視線の先に、何か物語を感じました。切ないピエロの表情も自然に感じます。

あえて右に寄せて左を空けた構図の間の取り方もいいですし、白塗りの顔も相まって、いかにもスポットライトが当たっているような効果が出ていますね。印象深い1枚でした。

熊谷 セットアップではなく、話をしながら撮影されたとのこと。顔の向きなどを細かく指示するのではなく、このピエロの自然な様子を捉えるのがいちばんいいと思われたのでしょうね。作者がどんなことを表現したいのか、意図が明確でよかったと思います。

テラウチ 遠くを見つめるピエロの姿に、哀愁を感じました。モノクロの画面の中で、白塗りの表情が際立っていますね。人を楽しませるピエロの物悲しさを撮るのは両極の融合という感じがして、面白いと思いました。

ポーズが激しいと、ねらいすぎた印象になりそうですが、この作品は演出しているようには見えない。特別装飾をしていない雰囲気がよかったです。

鴉の生命力あふれる力強い1枚

2位「鴉」イトウエージ(千葉県)


――同じく2位は、自由応募でイトウエージさんの作品「鴉」。テラウチさんが1位に選ばれました。

テラウチ 大胆な構図に力強さを感じました。羽を広げた様子が、不思議なマントのようにも見えます。こういう撮り方は珍しいので、今回の応募作品の中でも目立っていました。

佐藤 すごくインパクトがありますよね。私も票を入れるか悩んだのですが、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ