正しい答えは必要ない。作品をもっと楽しく鑑賞する方法


テラウチマサトの写真の教科書 vol.25。
写真や絵画など、芸術を鑑賞するには知識が必要で、「自分にはわからない」と苦手意識がある人はいませんか?でも、芸術を味わうのに必要なのは本当に“知識”だけなのでしょうか。
テラウチマサトが写真を撮る中で身につけた、もっと楽しく作品を鑑賞する方法、そして自分の作品を深めていくためのヒントをお伝えします。

――――――――――――――――――――

芸術に知識は必要か?

芸術というものに、答えはない。写真や絵画、あるいは詩や音楽にも。
こういう特徴があるから、この解釈をしなければならない。資料が残っているから、この考え方が正しい。もちろん、それは間違いじゃない。だけど、答えを暗記し、作品と正解を線で結ぶよりも、もっと楽しいアートの味わい方があると思う。

たとえば、ゴッホの「ひまわり」という作品を鑑賞するとしよう。
ゴッホはアルルで7点の「花瓶に生けたひまわり」を描いているが、そのうちで最高の1点といわれる作品が、日本の損保ジャパン日本興亜美術館に飾られている。
そこに行けば、恐らくきちんと作品についての解説があるだろう。どのような状況で描かれ、どのような歴史を辿ったのか。そして多様な絵の具を用いた意味や、ひまわりというモチーフに込められた想いまでが、きっと作品の脇に説明書きとしてある。

写真集「フィンセント・ファン・ゴッホ―ほんとうのことは誰も知らない―」より

それは、確かに知っていていいことなのだ。こういうものなんだと知った上で眺めてみるのは、作品の理解に繋がるだろう。けれど、そこで終わってはいけない。得た知識をそのまま語るだけだと、僕は少しもったいないような気がする。

1つの作品について、様々な文献を読み、あらゆる事柄を参照してくる。A、Bという意見があり、またある一方ではCという意見があることがわかった。それでは一体、あなたの意見はなんだろう?AかBかC。そのうちのどれかを選ぶしかない?
そんなことはない。学者や研究者の方の意見は、ある1つの道筋。必ずその道を選ばなければいけないわけではないし、新たな道を探ろうとしたとしても、それは不正解であるはずがない。

思考する楽しみ=アート

頭でアートを語るのではなく、そこからもう一歩深く楽しむためには、どうすればいいんだろうか?そのコツは人によって違うだろうけれど、僕の場合は、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ