「ネコ写真」の第一人者、岩合光昭がタンザニアに移住してとらえた野生動物の比類なき迫力|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集


岩合光昭『セレンゲティ アフリカの動物王国』朝日新聞社(1984年)

 岩合光昭は1950年に東京都足立区で生まれた。法政大学在学中の1970年に、父、岩合徳光の助手としてガラパゴス諸島と東アフリカを撮影し、以後、フリーの動物写真家として活動する。『アサヒグラフ』に連載した「海からの手紙」で1980年に第五回木村伊兵衛写真賞を受賞、『ナショナル・ジオグラフィック』の表紙を2回飾るなど、日本の自然写真をリードする存在となった。2013年からスタートした「岩合光昭の世界ネコ歩き」(NHK・BSプレミアム)が人気を集め、「ネコ写真家」としても知られる。2019年には初監督の劇映画『ねことじいちゃん』が公開された。

 岩合光昭は1982年8月から1年半、東アフリカ、タンザニアのセレンゲティ国立公園に妻と4歳の娘とともに---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ