あなたの世界は狭くない?表現の幅を広げる「両極」の捉え方


テラウチマサトの写真の教科書 vol.26。
今回は、表現の幅を広げるために大切なこと。
人は、自分の知識や経験の中でしか表現できないからこそ、たくさんの写真を見ることが必要。
多くの作品に触れることで得られることはなんなのか。そして、人の心を震わせる作品のつくり方は?テラウチが自身の授業や制作の過程を振り返りながら、作品制作のアドバイスを贈ります。

――――――――――――――――――――――

“知識の器”を大きくする

写真表現をより深いものにしたいなら、写真の知識というものの器を大きくすることだ。
そして、大きな器を手にするためにはさまざまなカテゴリの両極を知らなければいけない。
何故なら、器の大きさとは両極の広さのことだと思うから。

旅行に行った時に、改めて自分の居場所や暮らしがどんなものなのか考えることはないだろうか?寒さが厳しい場所と熱帯地域。極端な状況を知れば、割と日本は過ごしやすい気候かもしれないと実感したりする。
その感覚は、写真においても重要なものじゃないかと思っている。

(写真集「フィンセント・ファンゴッホ ―ほんとうのことは誰も知らない― 」より冬の木々 )

PHaT PHOTO写真教室のミディアムクラスでは、世界中のいろいろな写真家たちの作品を見ることから授業をはじめる。場所が違えば文化や風土も異なり、そこに生まれる芸術も当然違ってくる。

さまざまな作品を知ることは、撮る人にとってなぜ良いのか?
その例を挙げてみよう。

たとえば、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ