小林正明・松本友希・テラウチマサトがフォトコンテストでその写真を選んだ理由は?講評をチェック!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、審査を行い、座談会形式で3名の視点から講評します。
上位50作品は必ずコメントがつくフォトコンテストです。

本記事では、上位9作品に続いて、入選7作品をご紹介します。

審査員:小林正明/松本友希/テラウチマサト

メッセージを伝えるための表現を

「息子(ある1日)」岩田徳彦(広島県)


――ここからは入選作品です。自由応募で、岩田徳彦さん「息子(ある1日)」。

松本  全体的に青い色味で、寒い季節だということは伝わるのですが、ここから何が言いたいのかはわかりにくい気がしました。この子を通して他の人と共有できることがあるといいかなと。もっと引いた状態で背景も見せてあげると、そこが見えてくると思います。

小林  確かに作者の意図がわかりませんでしたね。今はみなさんスマホの中にたくさん写真データがあると思うんですが、その全体の中のパーソナルな1枚。何千万カット、何億カット分の1のような写真に見えました。審査に出す作品としては、少し主題が読みとりづらかったです。

テラウチ  きっと作者の中には、これを撮ることで伝えたいメッセージがあったと思うんですね。でも、その考えを表現するための足跡が見えなかった。作品や撮影意図なども見ましたが、決定的な要素に欠けている気がしました。

その場にあるものをどう活かしていくか

「青空の下、大漁を願って」畠山雄一郎(宮城県)


――続いて、自由応募で畠山雄一郎さん「青空の下、大漁を願って」。

テラウチ  あえて人物を小さく入れて、青空の広さと大漁旗の存在感を表現したとのこと。書かれていることは理解できますが、まだそこまでは表現しきれていない気がしました。構図を引くことも重要だと思うのですが、少しバランスが悪いような感じがします。青空と旗と人を、もっと切りつめて撮ってもよかったかもしれません。

松本  最初に左側の人物の影に目がいってしまったので、右側の男性の意味がわかりませんでした。このシーンを作者がどういう風に見たのかが伝わりづらかったですね。

たとえば、真ん中から右半分を入れず、旗、日の丸、影などのアイコン的な要素だけで切りとってみるのもよかったと思います。その場で感じたことを、そこにあるものを活かしてどう表現していくのか。もう少し表現の仕方を考えてみてほしいです。

小林  テラウチさんが言われたように、文章と写真のバランスがあまりとれていない感じがしましたね。写真家である以上は、文章よりも写真で語ってほしい。単純に青い空は美しいなと思いましたが、それ以上には心が引き込まれる作品ではありませんでした。

答えをあえて見せない切りとり方

「へっぴり腰。」okirakuoki(東京都)


――次は、自由応募でokirakuokiさんの作品「へっぴり腰。」。

テラウチ  よくこの瞬間を捉えられましたね。いつも猫写真を応募してくださるのですが、別の生きものとの組み合わせは新鮮でした。

亀も写したことで状況はわかりやすいですが、亀は入れずに切りとった方がよかったかもしれません。なぜ驚いているのかの答えが出てしまっているので、あえて見せない方がインパクトだけで終わらない写真になったと思います。

小林  説明のいらない写真ですね。それはいいですが、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ


Tags: