作品づくりのワンポイントアドバイス! フォトコンPPC vol.114「あと一息」講評公開!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
デジタル雑誌でも配信しているPPC vol.114の結果と講評を、PHaT PHOTO Webでもご紹介します。

PHaT PHOTO CONTEST
■入選:応募作品の中から一次審査を通過した17点
■もうちょっとで入選:「入選」にわずかに届かなかった20点
■あと一息:「入選」「もうちょっとで入選」には選出されなかったが、編集部が取り上げたい、あと一息で受賞に届きそうな13点

 
上位50作品には必ずコメントがつくPPC。
今回は、編集部が選出した「あと一息」の作品発表です。
応募していただいた写真の応援ひと言コメントをお届けします。
 

「幸せな洗濯物」西端久(大阪府)


「ハレ」の象徴でもある桜が、ある場所では生活と共にある花でもあることに気づかせてくれる、心が穏やかになる写真です。奥に見える公園も、主張しすぎずに、非常にうまく収まっていますね。

「鋼鉄のコンポジション」水池葉子(兵庫県)


建造物を非常にうまく切りとり、青と赤、黒のコントラストのバランスも良く、見事な「コンポジション」を作っています。色々なアングルを試し、この構図に行き着いたことも見てとれる1枚だと感じました。

「琵琶湖冬景」植田孝志(滋賀県)


琵琶湖と聞いて想像する「日本一大きな湖」としての一般的なイメージとは少し異なるこの景色。周辺露光を落とし、草木に焦点を絞ることで、厳しい冬を迎える琵琶湖周辺の自然をうまく表現できています。

「砂漠の待ち人」石島信子


海外のポストでしょうか。異国感の漂う、日本人には馴染みのない不思議な光景です。ポストに地平線が重なってしまっているので、もう少し低いアングルから撮影すると、より主役が強調されたでしょう。

「梅雨の合間の散歩とおしゃべり」Satoru gak Ono(埼玉県)


梅雨という季節を楽しむ雰囲気が伝わってくる写真。紫陽花と寂れたフェンスが、この2人にグッと視線を向けてくれます。少しでも女性の表情がみえたら、より楽しげな空気が伝わってきたと思います。

「年金」澤田恵輔


足にがっしりと手を置き、年配の男性の背中からは強い意志を感じる写真。「新たな人生」という撮影意図もあるようなので、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ


Tags: