下町生まれの木村伊兵衛が写した、ニューカラーの先駆といえるパリ写真|飯沢耕太郎が選ぶ時代に残る写真集


『木村伊兵衛のパリ』表紙

木村伊兵衛は1901年、東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれた。1924年、東京日暮里で写真館を開業。1930年、手持ちの機材を売り払ってドイツ製のライカを購入、花王石鹸に嘱託として入社し、広告写真を撮影しはじめる。1932年、野島康三、中山岩太と写真雑誌『光画』の創刊に同人として参加。

1933年、名取洋之助らと日本工房を結成して、報道写真に本格的に取り組むようになる。戦後は、日本写真家協会(JPS)の会長を長く務めるなど、写真界の重鎮として活動した。

木村伊兵衛は1954年9月2日にヨーロッパに旅立った。来日したマグナムのヴェルナー・ビショフ、ロバート・キャパに強く勧められたのがきっかけだった。当時は日本人の渡航制限があったが、日本光学(現・ニコン)が貿易促進のための顧問として派遣することを決定し、『アサヒカメラ』のための取材も決まった。

 

モノクロ主流の中で模索された数少ないカラー表現

木村伊兵衛のパリ_1

木村はこの時に、モノクロームフィルム100本に加えて、富士写真フイルムから提供された「富士カラーフイルム」50本を持っていくことにした。

1949年に、同社初の外式リバーサルフィルムとして発売された「富士カラーフイルム」は、ASA(ISO)感度が昼光で10ほどだったが、派手な色味のコダック製カラーフィルムと比較して、「パステルカラーのような色彩」に特徴があった。

木村は戦前から---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ