フォトコンテストで上位に選ばれた理由は?PPC vol.115の講評をチェック!


PPC115表紙
「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、審査を行い、座談会形式で3名の視点から講評します。
上位50作品は必ずコメントがつくフォトコンテストです。

本記事では、上位入選9作品を一挙ご紹介。
1位に選ばれた作品の良さは?評価の分かれ目ってなに?審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかもしれません。

審査員:佐藤時啓/インベカヲリ★/テラウチマサト

いい場所、いい視点で、作者だからこそ撮れた1枚

1位「壁に目あり」畠山雄一郎(宮城県)

畠山さん作品
――今回の1位は、2作品あります。まずは、自由応募で畠山雄一郎さん「壁に目あり」。インベさんが1位、佐藤さんが3位に選ばれました。

インベ  写真を見てすぐに、“ 目”に気づきました。壁の穴自体が不思議な形をしていますが、色も怪しくて、作者がこの場面の奇妙さを感じながら、それをどのように伝えようか考えて切りとられたことがわかります。

ここだけ独特な、まるで映画の一場面のようですね。多分少しずれただけでは目のようには見えないでしょうし、ベストな位置で撮られていると思います。いい場所、いい視点で、この方だからこそ撮ることができた作品だと感じました。

佐藤  遠くから見た時に、この1枚が最初から目立っていました。後ろの窓ガラスが光っていて、ハイライトのように感じられ、より目の印象を強めていて面白かったです。ただ、僕はプリントが気になりました。微妙な色だったのでもう少し綺麗に色が出ているとよかったですね。

テラウチ  右上の家の壁についている丸も目に見えたり、他の穴が鼻にも見えたりして、そういうものも含んで切りとっているんでしょうね。ただ、僕も佐藤さんが言われたように色が惜しかったなと。発見と切りとり方の面白さで十分に成立していたので、ここまで色をつけなくてもよかったかもしれませんね。

花火の終わりの寂しさが凝縮されている

1位「星降る夜に」森田耕司(富山県)

森田さん作品
――同じく1位は、自由応募で森田耕司さんの作品「星降る夜に」。佐藤さんが1位、インベさんが3位に選ばれました。

佐藤  地元の花火を撮られたとのこと。最初、これは雨がフラッシュで光っているのかと思いました。これは花火が落ちてくる破片なんですね。こんなに寂しい花火の写真は見たことがありませんでした。花火の終わりの寂しさのようなものがこの1枚に凝縮されています。漁船と花火の組み合わせからも様々な物語を想像することができて、すごく雰囲気のある1枚だと思いました。

インベ  花火を打ち上げた瞬間ではなく、落ちてくる時を捉える。そういう部分を切りとったのかという驚きがありました。

ただ、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ


Tags: