ステップアップのヒントに! フォトコンPPC vol.115 「もうちょっとで入選!」審査員の講評


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
デジタル雑誌でも配信しているPPC vol.115の結果と講評を、PHaT PHOTO Webでもご紹介します。

PHaT PHOTO CONTEST
■入選:応募作品の中から一次審査を通過した17点
■もうちょっとで入選:「入選」にわずかに届かなかった20点
■あと一息:「入選」「もうちょっとで入選」には選出されなかったが、編集部が取り上げたい、あと一息で受賞に届きそうな13点

上位50作品には必ずコメントがつくPPC。
今回は、編集部が選出した「もうちょっとで入選!」の作品を発表。
入選にわずかに届かなかった20点。作品に対するコメントや、ステップアップのヒントをお伝えします。

「僕の宝物」野澤忠(山形県)

野澤さん作品
友人の家で息子さんの様子を撮られた写真とのこと。机いっぱいに広がるレゴを夢中になって組み立てていますね。男の子の頭の中がテーブルに広がったみたいで面白いです。絨毯のキティちゃんの柄や、男の子の洋服の柄やズボンの年号の黄色など、細かいところもおもちゃ箱がひっくり返ったみたいで楽しそうな写真です。

「燃ゆる秋」みつのぶひでたか(群馬県)

みつのぶさん作品
真っ赤な彼岸花を多重露光で撮影したとのこと。普通に撮った彼岸花の写真と違って、視点がグラグラと定まらず、見る人の心を揺さぶるような写真ですね。「燃ゆる秋」というタイトルであれば、もっと、花の赤い部分の面積を広くするなどして、「燃ゆる」を強調してみてもよかったかもしれませんね。

「filmmovie」植田孝志(滋賀県)

植田さん作品
手前のピントとバックの空のとろけ具合が、フィルム映画みたいできれいで撮影されたとのこと。確かに、壮大な映画音楽が聞こえてきそうな写真です。とろけ具合もきれいではありますが、手前のシルエットと背景の雲の影がかぶると、やはり少しごちゃっとした印象に。もう少しシルエットがきれいに浮かび上がるといいなと思いました。

「令和元年、晩夏」木村響子

木村さん作品
---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ


Tags: