飯沢耕太郎・舞山秀一・テラウチマサトがフォトコンテストでその写真を選んだ理由は?講評をチェック!


「PHaT PHOTO」の人気コンテストPPC。
毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、審査を行い、座談会形式で3名の視点から講評します。
上位50作品は必ずコメントがつくフォトコンテストです。

本記事では、上位8作品に続いて、入選9作品をご紹介します。
評価ポイントに加えて審査員からのアドバイスも。審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかもしれません。

審査員:飯沢耕太郎/舞山秀一/テラウチマサト

ねらいを超えた何かを撮るためには?

「大岩壁の秋」髙野良介(群馬県)


――ここからは入選作品です。最初は、自由応募で髙野良介さんの作品「大岩壁の秋」。

飯沢 日が当たった岩肌と、赤くなった紅葉との対比が美しく、作者のねらいがうまくいっていますね。こういった作品は、意図通りに撮るというところまではうまくいきますが、ねらいを超えた何かを撮るまでにいくのは、なかなか難しい。そこには運や粘りの問題もあるでしょう。ここにどのようなものを呼び寄せられるか。それが1歩進むための鍵ですね。

舞山 すごく綺麗な風景なのですが、山の向こうの青い色味が若干崩れているのが残念です。岩肌の光と影や紅葉の美しさは写真として十分な強さがあるので、その青の不自然さだけが気になりました。

テラウチ ダイナミックな切りとり方で、谷川岳をこんな風に表現したかという驚きがあったのですが、やはり上1/3の青さが惜しかったです。構図や着眼点は素晴らしいので、もう少しプリントする時に、色味にも気を遣われた方がよかったと思います。

もっと冒険をしてみよう

「5月/扉」にたばる(滋賀県)


――続いて、テーマ応募でにたばるさんの作品「5月/扉」。

舞山 色味はすごく好きなのですが、もう少し意味付けがあればいいかなと。茶色いトーンの中に、真っ白い女性の帽子が映えるので、ドアの上の白い部分は余計だったかもしれません。どこかもの足りなさを感じました。

テラウチ 主役のドアも帽子も素敵ですよね。ただ、僕も舞山さんが言われたようにドアの上部は切った方がよかったと思います。

飯沢 この方は撮るのが上手なんでしょうね。うまい撮り方を知っている人は、「いい作品だけどもう1歩」と言われることが多い。完璧な1枚をつくろうとせずに、もっと冒険したほうがいいです。まとまりを求めず少し壊してしまった方が、今の場所からあと1歩進むことができると思います。

テラウチ インパクトが欠ける部分もあるのかもしれませんね。ドアの前に誰かが通るのを待っていたと思うのですが、帽子ほど被写体の洋服はフォトジェニックではない。だからむしろ、もっと近寄ってもよかったんじゃないかなと思いました。そうすると、白い帽子も、茶色の重厚なドアの良さも効いてきますよね。

小さなことを変えると、異なる表現方法が見えてくる

「危険地帯」みつのぶひでたか(群馬県)


――次に、自由応募でみつのぶひでたかさんの作品「危険地帯」。

テラウチ 台風の後の増水した川の跡を撮影したとのこと。ねらいは感じとれたのですが、そこまで自然の驚異が写っている感じはしませんでした。報道などでもっとすごいものを見てしまっているから見慣れている部分はあるのかもしれませんが、インパクトとしては弱く、もう少し撮るポジションにも工夫が欲しかったですね。

舞山 向こうに川が見えていて、恐らく手前は全部グラウンドだったと思うんですよ。それが壊滅的に水面被害に遭っているので、作者の方は見慣れている風景としては強烈なものを感じたのだろうと思います。

ただ、---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ