PHaT PHOTO CONTEST(PPC)Vol.93審査風景


写真雑誌「PHaT PHOTO」の人気誌上写真コンテスト。毎号異なる3名の写真関係者を審査員としてお招きし、座談会形式で審査を行います。審査員たちのさまざまな視点から、あなたの写真がレベルアップするヒントが見つかるかも。誌面では収まりきらなかった審査風景を一挙配信します!

審査員:小高美穂/トモ・コスガ/テラウチマサト

小高美穂
フォトキュレーター、アーティストリエゾン。フォトエディターや写真ギャラリーにて展示企画や作品販売に携わった後、2012年に独立。現在は、作家のマネジメントやキュレーション、コーディネート、写真専門学校での講師や執筆等、日本と世界を繋ぐ写真のフィールドで活動中。主な展示に2015年の東京国際写真祭エキシビションキュレーター、国際的な写真賞『Prix Pictet』の2015年東京巡回展の他、2013年『マリオジャコメッリ写真展―The Black is Waiting for White』(東京都写真美術館)のコーディネートなどがある。

トモ・コスガ
アートプロデューサー。写真分野を中心に編集や執筆、展覧会やイベントのキュレーションやプロデュース、コンペ審査員など多様に活動。写真家・深瀬昌久が遺した作品の普及管理活動を目的とする団体「深瀬昌久アーカイブス」創設者のひとり。また、デジタルフォトメディア「TSK」を今年1月に開設。2012年1月、グローバルメディア「VICE MEDIA」日本支部の立ち上げに携わり、以降2014年6月までそのクリエイティブ・ディレクターなどとして活躍。www.tomokosuga.com / www.weareTSK.com

テラウチマサト
写真家。1954年富山県生まれ。出版社を経て1991年に独立し、これまで6,000人以上のポートレイトを撮影。ライフワークとして屋久島やタヒチ、ハワイなど南の島の撮影をする一方で、近年は独自の写真による映像表現と企業や商品、及び地方自治体の魅力を伝えるブランドプロデューサーとしても活動中。主な写真集に、富士山をとらえた『F 見上げればいつも』(T.I.P BOOKS)がある。www.terauchi.com

本誌のPPCページ(P64~P73)と併せてのご視聴を推奨致します。
本動画の公開が大幅に遅れましたこと、深くお詫び申し上げます。


●各作品の講評時間(目安)は動画の下部ページをご参照ください。
●限定公開動画のため、「共有」や「再生リスト」等への追加はご遠慮ください。

【各作品講評時間(目安)】

0:00:00~
1位作品「みんな笑ってる!」
0:04:25~
2位作品「我が家の午後」
0:10:07~
2位作品「暮らす」
0:20:28~
4位作品「習作より晩秋」
0:26:41~
5位作品「明日の夢」
0:33:27~
5位作品「見るモノと見られるモノ」
0:36:44~
5位作品「それぞれの休日」
0:42:09~
8位作品「天の光りはすべて星」
0:47:00~
8位作品「光に舵取り」
0:51:58~
入選作品「掘り炬燵で丸くオドロク」
0:55:30~
入選作品「雪の日」
0:59:28~
入選作品「楽しくて」
1:02:56~
入選作品「待つ」
1:07:35~
入選作品「うがい終了」
1:10:44~
入選作品「出番はまだよ。」
1:13:57~
入選作品「眼力」
1:18:38~
入選作品「牛」
1:21:43~
総評