【写真展】クロダミサト関西初個展「美しく嫉妬する」 女性が女性を撮ることの意味とは。


ここが見どころ!
☑写真新世紀受賞作家の関西初個展
☑2016年に展示した同名写真展を新作交えて発表
☑「女性が女性を撮ること」の意味を考える

2009年に写真新世紀展でグランプリを受賞した、クロダミサトの関西初の個展が開催。

2011年、大学時代からの友人をモデルに、あえて男性向けのヌード雑誌風のポーズをつけ
撮影したシリーズ『沙和子』は、大きな反響を呼びました。

その後、「女性が女性を撮る」ことの意味を再確認するために撮られたのが
2016年にも発表され、今回展示される『美しく嫉妬する』です。

現在も撮り続けている『美しく嫉妬する』のシリーズを、新作含めて大阪で発表。
さらに翌週には東京にて写真展『ハローハロー』を開催します。

精力的に活動をするクロダ氏の作品を、ぜひご覧ください。

【クロダミサト写真展『美しく嫉妬する』】
Galerie de RIVIERE/ギャルリ・ド・リヴィエール
8月11日(土)〜8月19日(日)
(定休日:8月14日(火)、15日(水)、16日(木))
住所:大阪府吹田市垂水町3丁目1-17
時間:12:00~19:00(入場は18:30まで)
入場料:500円
URL:riviere-g.urdarkroom.com

あわせて読みたい

>>【写真展】クロダミサト「ハローハロー」が金柑画廊で開催。生きること、暮らすことを見つめる
>>【写真展】錚々たる審査員!エモンアワード受賞作品展・内倉真一郎「十一月の星」開催