【11/15開催 トークイベント】3名の雑誌編集者が語る「いま、こんな写真家と仕事がしたい!」


誰もが美しい写真を撮れるようになり、SNSで写真を使ったコミュニケーションも盛んな現在、どのような写真家が求められているのでしょうか?

今回は、「日本カメラ」編集部の村上仁一さん、「TRANSIT」編集長の林紗代香さん、「Numero TOKYO」フォトエディターの齋藤真紀さんという、3つの異なるジャンルの雑誌編集者をお招きし、話すテーマは「いま、仕事がしたい写真家」について。

各雑誌の最新号やバックナンバーで撮影をお願いした写真家を例に、その企画内容と、なぜその写真家を起用したのかを語っていただきます。
また、いままでの失敗談や成功例、いつも写真家と仕事をしている編集者が最近注目している写真家についても伺う予定です。

ジャンルの違う3名の編集者の話から見えてくる、今という時代に、期待される写真家とは…? ぜひ、ご参加ください!

こんな人にお勧めです!
✔雑誌でこれから仕事をしてみたい写真家
✔雑誌が好きで制作の裏側を知りたい人
✔いま、注目されている写真家について知りたい人
✔「日本カメラ」、「Numero TOKYO」、「TRANSIT」の愛読者

開催概要

■開催日時:2018年11月15日(木)19:30~21:00
■会場:東京・京橋T.I.P(72Gallery)・クラスルーム2
■参加費:一般2,500円/PHaT PHOTOプレミアム読者2,000円/ポートフォリオ・マッチング展 出展者:1,000円
■参加方法:要申し込み

登壇者プロフィール

村上仁一/「日本カメラ」編集部

1977年、東京生まれ。2001年、東京ビジュアルアーツ卒業。第16回写真『ひとつぼ展』グランプリ、第5回 ビジュアルアーツフォトアワード大賞を受賞。写真集『雲隠れ温泉行き』を出版。2008年より雑誌『日本カメラ』の編集者として現在に至る。小林紀晴『写真と生活』、田村彰英『夢の光-Light of Dreams-』、上野修『写真・批評・集成』、金村修『エクトプラズム プロファイリング』、北井一夫『写真家の記憶の抽斗』などの編集にも携わる。

林紗代香/「TRANSIT」編集長

1980年岐阜県生まれ。編集者。大学卒業後、いくつかの雑誌編集部を経て、2008年の創刊時より『TRANSIT』に参加。2011年には『BIRD』を創刊(現在休刊中)。TRANSIT33号より編集長を務める。最新号、ニューヨーク特集が発売中。12/14(金)には、韓国・北朝鮮特集が発売予定。www.transit.ne.jp

齋藤真紀/「Numero TOKYO」Photo Director Editor、m media inc director / producer

大学卒業後、イギリス・ロンドンで写真学科を専攻。帰国後「Vogue Nippon」(現Vogue Japan)編集部にてフォトグラフィー&シンジケーションを3年間担当。「Numero TOKYO」の創刊メンバーとして表紙をはじめ国内外での撮影のキャスティング、ブッキングなどを担当。ファッションを中心に広告のディレクションやプロダクションも手がけている。