写真の編集について楽しく・深く学ぼう!
マツラボ. / 第1弾「写真編集」募集開始


■マツラボ、はじまります■
「松本写真研究所(通称「マツラボ」)」は、写真の知識や技術を、深~く学びたいと思う人々が参加する、明るく楽しいコミュニティです。

こんな人にお勧め!
☑「写真編集」に興味がある
☑写真の深い知識を、楽しく学びたい
☑テーマをもって写真のシリーズをつくりたい

マツラボ. / 第1弾「写真編集」
第1回:3月28日(木)19:30~21:30 基礎レクチャー
第2回:4月18日(木)19:30~21:30 第1回を踏まえて講評、タイトル
第3回:5月16日(木)19:30~21:30 発表会・講評、PPC道場への参加

いままで、PHaT PHOTO写真教室講師の松本友希先生による単発の「編集講座」を数回開催してきました。何度か実施するなかで、写真の編集スキルなどはもう少し深く、長く学んでもよいのではないか?という想いから、連続講座としての「ラボ」を開設するに至りました。

PHaT PHOTO写真教室の松本友希先生を所長とし、「写真編集」や「タイトルの付け方」「テーマの設定方法」など、写真のスキルアップに欠かせない「撮る」だけではない要素に注目。そのテーマに沿って学びを深めることを目的としています。

■第1弾のテーマは「写真編集」■
そして、第1弾のテーマは編集。3回の講座を通して写真をセレクトし、並べる技術を学びます。
5枚一組で応募ができるPPC(ファットフォトコンテスト)PPC道場への応募(応募無料)と、その入選を目指し、全3回の中で、まずは自分の写真を、テーマを決めて「5枚一組」のシリーズを完成させることをゴールとします。


<松本先生からのコメント!>
気軽なスナップや好きなものを撮るのは楽しいものですが、なんとなく枚数がたまっていくだけで、結局何を撮りたかったんだか手応えがないこともあります。

でも1つ1つは意味がないパズルのピースも、まとめると大きな1枚の絵になるように1枚では伝わらない写真も、何枚かの写真をつなげてみるとそこに物語や感情が浮かび上がってくることがあります。
見えなかったことが見えるようになる!それが編集する楽しさです。

ただ、それにはいくつかの「コツ」があります。
そのコツをヒントに、研究員のみなさんにも「言葉にすること」を意識してもらいながら全員で楽しく「まとめる力」を蓄える時間にしたいと思っています!

過去の「編集講座」参加者の中からはPPC道場入選者も出ていますので、ここで力を付けてぜひトライしてください!好奇心に満ちたマツラボ研究員として、松本所長と共に写真を学びましょう!


松本友希(まつもと ゆき)

旅行会社勤務を経て写真の道へ。2000年に日本写真芸術専門学校報道芸術科を卒業。
2007年に写真雑誌「PHaT PHOTO」の契約作家となり、誌面の企画撮影や書籍の装丁写真、広告媒体への作品提供などを行う。2009年からは「PHaT PHOTO」写真教室での講師も務め、ビギナークラスからプレミアムクラスまでの全カリキュラムを担当。他、大手企業の写真教室や、撮影会、ワークショップの講師などでも活動している。自身の作品では、主に街中や日常に潜む小さな世界を撮り続けている。写真学校で学び、仕事で活かされている技術力と、自身の作家活動で培った表現力の両面において信頼できる講師のひとり。
yukidaruma.info
 

■開催概要■
<スケジュール/各2時間>
第1回:3月28日(木)19:30~21:30 基礎レクチャー
第2回:4月18日(木)19:30~21:30 第1回を踏まえて講評、タイトル
第3回:5月16日(木)19:30~21:30 発表会・講評、PPC道場への参加番外編を予定しています:課外研究(撮影会込みの編集講座を予定)/3月~4月の週末を予定。
※番外編は、本講座内には含まれません。研究費(参加費):
PHaT PHOTO写真教室生徒:16,000円
一般:18,000円定員:8人程度
研究室(会場):エクスアートビル4階・大教室
<今後の「マツラボ.」について>
第2弾 写真と言葉(仮)
第3弾 写真展(仮)
なども予定しています!