御苗場2019 レビュアーテラウチマサトさんが選出した理由とは? 受賞&ノミネート作品公開


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから、レビュアー賞、スポンサー賞などを受賞した作品をご紹介しています。

本記事では、レビュアー・テラウチマサトさんが選出した作品をご紹介。レビュアー賞受賞作品だけでなく、ノミネート作品も一挙ご紹介します。どんな視点で作品を選出しているのか?テラウチさんのコメントをいただきましたので、作品と一緒にぜひご覧ください。

 

 

ノミネート作品

テラウチマサトさんコメント
壁での展示だけでなく、新たにテーブル展示や作品販売も行われた横浜・御苗場2019。新しい試みに来場者の滞在時間も延び、会場は大勢の人込みで賑わっていました。
会場で作品が販売されていくシーンも数度目にしました。新しい試みが活用され、御苗場の新芽になっていけば総合プロデューサーとしてもうれしく思います。

さて、その会場でレビュアー賞として選んだRyusuke Sasanumaさん始め10作品をノミネートしました。個人の方が8、グループの方が2でした。
内容としては、ドキュメンタリー、ポートレイト、造形など。ひとつの被写体をシリーズで追いかけた作品やある感情を想起させるものを集めた作品もありました。

いずれも見事でしたが全てに言えることはチャレンジしていたことです。もちろん御苗場に出てくること自体がチャレンジですが、チャレンジの試みに更に一工夫重ねていたことが選出理由です。「ここまでやったか!」という驚きや感激。テーマに対する繊細な感情表現、丁寧さ。「大体こんな感じ!」ではなく、新たな試みやテーマへの追及、一つ一つのこだわりが群を抜いていました。

また、連続応募している方の成長度もチェックポイントとしました。出来るだけ他の審査員と被らないよう努めたつもりですが何名かの作品が被ってしまいました。

 

W050 写心社


 

W053 mulinstudio


 

W057 近岡和彦


 

W084 Nobu


 

W165 SARACO


 

T12 八木 香保里


 

T17 ucchi


 

T28 山田谷直行


 

S04 成瀬 夢


 

受賞作品

W062 Ryusuke Sasanuma

テラウチマサトさん選出理由

初日から何度も皆さんの作品を見ていく中で、実を言うと壁に掲示してあったRyusuke Sasanumaさんの作品は最初はそれほどピンとこなかったんです。でも、点数が少なかったために自然と置いてあったブックに目がいき、そのブックを見た時に「大作」というものではないけれども、心に届く、心のひだに入ってくるような繊細な感覚を感じました。

子どもを撮るのは色んな撮り方があると思うんですけれども、Ryusuke Sasanumaさんは一般的に思うような撮り方ではありません。ある人によっては、「懐かしい」と自分の過去の思い出に浸れるかもしれないし、ある人によってはこれからの未来を撮っているようにも見える。晴れた昨日と雨の今日、天気によっても感情が変わってきたような作品だと感じます。

それはつまりどんな時でも感情を呼び起こさせてくれる「タイムレス」な写真だということ。時間によって劣化しない作品なのではないか思い、選ばせていただきました。


いかがでしたか?
ノミネートされたみなさま、おめでとうございます!
ほかにも、御苗場2019のノミネート作品とその理由を紹介しているので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい

御苗場2019 テラウチマサト選出 受賞者インタビュー<Ryusuke Sasanuma>

【速報!】御苗場2019 受賞者作品&選出理由を発表!