御苗場2019 ソニー賞 ノミネート&受賞作品の選出理由を公開!


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから、レビュアー賞、スポンサー賞などを受賞した作品をご紹介しています。

本記事では、ソニー賞のノミネート作品と受賞作品を一挙ご紹介します。ノミネートの選出理由も掲載していますので、作品と一緒にぜひご覧ください。

 

 

ノミネート作品

W044 石戸 俊夫

選出理由
スマホに見入る若者、ふと顔を上げたその目は完全に現実と違うところに向いている。配達のトラック、着ぐるみの街頭プロモーター…渋谷にはそれぞれが目的の全く異なる人たちが集まってきます。ストリートフォトの特長を生かし、そんな渋谷の様子をよく表現しています。


 

W057 近岡和彦

選出理由
リーダー牛を決めるための角合わせの瞬間を捉えた作品です。 本気で闘う牛の迫力がライブに伝わってくるのは、シャッタータイミング、フレーミングなどの撮影条件の選び方に加え、モノクロトーンの出し方など確かな現像テクニックが伴っている証です。


 

W085 Tomas H. Hara

選出理由
おそらく御苗場会場の中で、この作品の前を通った人は、記憶に残っているのではないかと思います。そういう、フィジカルな強さがある作品。Haraさんが体感した東京の雑踏、ざわざわとした空気感が、閉じ込められて渦巻いているかのようです。


 

W118 萩原賢一郎(enigmart)

選出理由
馬、鶏、猫、イルカなど写真では見慣れた被写体でありながら、独特の視点と背景、周辺の写し込み方により非常に新鮮な作品に仕上がっています。日ごろ光を扱う仕事をされていることも大いにプラスに作用しているのではないでしょうか。


 

W169 円山 貫

選出理由
建築と違い、高速道路など極めて無機質な構造物の中に期せずして現れる幾何学的な美しさが良く表現されています。隠れた“美”を見落とさない眼と、それらを引き出し表現できる撮影テクニックが合わさることで初めて実現できる作品群です。


 

W170 根岸 豊

選出理由
こちらも日常の中に隠れた“美”をうまく捉えた作品です。ミクロ、マクロ、様々に視点を変えて見ることで日常の風景が全く違った“作品”として見えてくる、写真の面白さを再確認させてくれました。


 

T29 田中 浩一

選出理由
美しいモノクロームのプリント。特に、ブックの作品群に心を惹かれました。クラシックで、決して派手さはない作品ですが、作者のまなざしと、写真が紡ぎだすストーリーが、見ていて暖かな気持ちになる作品でした。


 

S04 成瀬 夢

選出理由
高校を卒業したばかりの作者の、将来への夢や希望が被写体に投影されて見えてきます。 ている方も希望が湧いてきます。若い才能が作品をアピールする場である御苗場に最もふさわしい作品の一つとして選びました。

 

受賞作品

W050 写心社 Emilie

ソニー賞 選出理由

素晴らしい写真が多く、選ぶのは難航しましたが、エミリーさんの作品を見た時に、思わず唸ってしまいました。この写真の第一印象はものすごく重い。不安や、魂の葛藤のようなものが写真の中にあって、すごいエネルギーが出ているんですね。

ここに出てくる人物の手と、紙から、恐らくこの人物が社会や周囲の環境にとても苦しんでいるということが伝わってきた。この1枚の写真を見た瞬間に、その苦しさが心に響きました。これからも色んな写真を撮られると思いますが、どんどん様々なものを撮られて活躍されることを祈っています。


いかがでしたか?
ノミネートされたみなさま、おめでとうございます!
ほかにも、御苗場2019のノミネート作品とその理由を紹介しているので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい

御苗場2019 ソニー賞 受賞者インタビュー<写心社 Emilie>

【速報!】御苗場2019 受賞者作品&選出理由を発表!