写真のアイディアがほしい!を解決する「ひらめきの図書室」が12日間限定で京橋72Galleryにてオープン!


写真のアイディアがほしい、ひらめきがほしい。
そんな人のために「ひらめきの図書室」を12日間限定でオープンします。
場所は京橋の72Gallery。

写真集の蔵書700冊の72Galleryディレクター鈴木雄二氏が厳選した、
絶版になった写真集から少部数の写真集、
さらにPHaT PHOTOが2000年の創刊以来、
集めてきた膨大な蔵書の中からこれだけは読んでほしい10数冊をセレクト。
写真家や写真集について知りたいけれど、
どこから手を付けていいかわからない!という人にピッタリの企画です。
さらにもう買えない「PHaT PHOTO」の絶版バックナンバーを含めた、創刊号~100号までが一挙にご覧いただけます。

外は夏真っ盛り!
クーラーの効いたギャラリーで、ソファに腰かけてゆっくり写真集に浸りませんか?

本展覧会は500円の入場料がかかりますが、
先日改定して再販となったテラウチマサト書籍『ひらめきのヒント』をお持ちの方は、
受付で見せていただけると無料になります(当日お持ちにならない場合は有料となります)。
当日『ひらめきのヒント』(1,600円)をご購入いただいた方も、無料でお入りいただけます。

【こんな写真集が読めます!】
1.写真集の蔵書700冊の72Galleryディレクター鈴木雄二氏が厳選したなかなか見られない貴重な写真集10冊!
2.PHaT PHOTO編集部が2000年から集めてきた蔵書より、特に見てほしい写真集十数冊
3.これを知らずに写真家通は気取れない!おさえておきたい、著名写真家を知るための写真集
4.創刊号~100号まで!絶版になったPHaT PHOTOバックナンバーが読み放題!

 
会場にはソファーやテーブルがございます。
受付で麦茶をお配りしておりますので、ゆっくりおくつろぎください!

■開催日程
2019年7月31日(水)〜8月11日(日)
12:00~19:00 (展示最終日は17:00まで)
休館日 : 月・火
※8月7日(水)ナイト営業~21:00まで

■入場料
本展覧会は500円の入場料がかかりますが、
先日改定して再販となったテラウチマサト書籍『ひらめきのヒント』をお持ちの方は、
受付で見せていただけると無料になります(当日お持ちにならない場合は有料となります)。
当日『ひらめきのヒント』(1,600円)をご購入いただいた方も、無料でお入りいただけます。
(冷たいお茶付き)

■会場
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
〒104-0031 東京都中央区 京橋 3-6-6 エクスアートビル1F

■イベント
作品制作を志す人のための「キャリア構築」戦略講座
講師:速水惟広(T3 PHOTOFESTIVAL TOKYOファウンダー)
会場:T.I.P クラスルーム2
日時:8月11日(日)18:00~19:30
参加費:3,000円
申し込み:https://peatix.com/event/1209468/view

この記事を読んだあなたにおすすめ

カメラを持って渋谷に行こう! 写真さんぽマップ&おすすめのお店

初めて写真展示する人へ。展示方法の決め方と、ステートメントの必要性とは?|写真家・大和田良

テラウチマサトのエッセイ「ひらめきのヒント」第2刷、発売!