東洋学園大学にて秋の特別講座開催!『アートを楽しむ~ゴッホと浮世絵に詳しくなる~』


文京区本郷にある、東洋学園大学。「誰でも学ぶことができる」「学ぶ意欲を支援する」をモットーに、地域の方々を対象とした『生涯学習講座』が2019年4月より開催されています。

英会話や絵画、ヨガなどさまざまな教養講座が開催されるなか、テラウチマサトが「芸術の秋 特別講演」として、講演を行います。

『アートを楽しむ~ゴッホと浮世絵に詳しくなる~』

開催日時:10/14(月・祝)13:00~14:30
会場:東洋学園大学 本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-26-3)/4号館4階5番教室
参加費:1,000円
お申込み方法:peatix(WEB)にてチケットお申込み または、E-mail・FAX、郵送にてお申込み。
●peatixサイト:http://ptix.at/vMndhj
●E-mail:extension@of.tyg.jp 
メールの場合は、講座名「アートを楽しむ~ゴッホと浮世絵に詳しくなる~」/住所・氏名・生年月日・電話番号を明記のうえメールにて申込。
公式サイト:www.tyg.jp/extension/index.html

 

芸術の秋に向けて、“アートを楽しむ” 特別講演を開催!

テーマは、芸術の秋にふさわしい、「アートを楽しむ」。
テラウチマサトは今年、写真集『フィンセント・ファン・ゴッホ ほんとうのことは誰も知らない』を出版しました。

2018年の1年間をかけて、カメラと共に旅をしたのは、ゴッホが生きたフランスとオランダです。
画家を目指し始めて多くの作品を残したオランダのニューネン。ポール・ゴーギャンと暮らした フランスのアルル。人生の最期を過ごしたオーヴェル・シュル・オワーズなど…。ゴッホゆかりの街を巡り、撮影を敢行しました。

講演では、旅で巡った各地の写真をお見せしながら、ゴッホの人生について、写真家として感じたことをお話しします。
 

ゴッホが影響を受けた“浮世絵” 、そして葛飾北斎との共通点とは?

そしてもうひとつ、取り上げるテーマは、「浮世絵」についてです。
テラウチは、写真集の出版にあたり、ゴッホの絵画と、ゴッホが影響を受けた浮世絵について綿密にリサーチを重ねました。写真より歴史が長く、何百年も前から評価されてきた絵画や浮世絵の普遍的な「美」について学ぶことは、アートを楽しむ第一歩にもなります。

ゴッホが影響を受けた、「浮世絵」の魅力とは?そして、絵画と浮世絵の共通点と違い、ゴッホと葛飾北斎の共通点についてお話します。

 

上野の森美術館では、ゴッホ展がスタート!

上野の森美術館では10月11日(金)より、画家フィンセント・ファン・ゴッホの展覧会が開催されます。本講演を受講して展覧会へ訪れれば、一層、ゴッホ作品についての理解が深く感じられるはず。アートをもっと楽しむために。ぜひお越しください。

 

『アートを楽しむ~ゴッホと浮世絵に詳しくなる~』

開催日時:10/14(月・祝)13:00~14:30
会場:東洋学園大学 本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-26-3)/4号館4階5番教室
アクセス:www.tyg.jp/access/index.html#h01
参加費:1,000円
お申込み方法:peatixにてチケットお申込み または、E-mail・FAX、郵送にてお申込み。
●peatixサイト(当日支払い):http://ptix.at/vMndhj
●E-mail(事前支払い):extension@of.tyg.jp 
メールの場合は、講座名「アートを楽しむ~ゴッホと浮世絵に詳しくなる~」/住所・氏名・生年月日・電話番号を明記のうえメールにて申込。(受講料は申し込み後に送付される、郵便振替用用紙にてお手続きとなります)

公式サイト:www.tyg.jp/extension/index.html
講演では、写真集『フィンセント・ファン・ゴッホ ほんとうのことは誰も知らない』も販売いたします。

 

あわせて読みたい

日々、アシスタントに伝えているメッセージ。テラウチマサト書籍『すべてのことは一度きり 生き抜くための写真術』を発売!

ゴッホを巡る旅の集大成 テラウチマサトが写真展に込めた想いとは