発表! 写真評論家・飯沢耕太郎が選んだ2019年の写真集ベスト3とは?


2019年に出版された写真集の中で、あなたはどの写真集がいちばん記憶に残っていますか?
今回は毎年恒例、写真評論家の飯沢耕太郎さんが選んだ、2019年の写真集ベスト3をご紹介します。

コラージュを手掛けてきた西野壮平の幸福なスナップショット

『Water Line. A Story of the Po River』(Damiani)

 

西野壮平はさまざまな都市の風景を撮影した写真をフォトコラージュの手法でつなぎ合わせ、巨大な画面の架空の都市空間を構築するという手法で作品を作り続けてきた。今回、彼は工業、技術、社会活動などをテーマにしたアート作品制作を支援するイタリアのMAST財団の依頼を受けて、アルプス山脈を源流としてアドリア海に注ぐイタリア一の大河、ポー川の流域を撮影した。

ただ、それらの写真をまとめた写真集『Water Line. A Story of the Po River』は、これまでの西野の仕事とはやや趣が違う。

コラージュ作品は巻末に掲載されているのだが、中心になっているのは、今までなら---------
これより先はプレミアム読者のみ閲覧できます。

■ログイン後正しくコンテンツが表示されない場合は、以下いずれかをお試しください。
・富士山マガジンサービス(http://www.fujisan.co.jp)のアカウント(メールアドレス・パスワード)でログイン
・当Webマガジンへのログインパスワードを、アカウント設定から、富士山マガジンサービスへのログインパスワードと同一に変更



プレミアム読者のお申し込みはコチラ