バックナンバーVol.60~116まで56号分 無料読み放題キャンペーン実施中!<5/31(日)まで>


オンラインによる授業動画の視聴と個別講評で学ぶ、
「PHaT PHOTO写真教室オンライン」をスタートした記念に、
「PHaT PHOTO」バックナンバーVol.60~116を全ページ公開しました!

フォトコンテストを掲載しているVol.101~Vol.116はもちろん、
雑誌時代のVol.60~Vol.100が全ページ無料で読み放題です。

今回この企画を行ったのは、
写真展に行けないSTAY HOMEの期間中にも自宅で写真を楽しんでほしい。
そして、
「PHaT PHOTO 写真教室」で学べることが雑誌「PHaT PHOTO」にも
凝縮されているので、オンラインのビギナークラスや作家養成クラスを
知っていただくきっかけになればいいなと思ったからです。

無料で読む条件は「PHaT PHOTO」のメールマガジン会員であること。
メルマガ会員でない方は、
下記よりメルマガ登録をして読み放題をお楽しみください。

無料で読めるバックナンバーの中からピックアップしてご紹介!

どの号も写真制作を行う人のヒントになる企画を行ったり、
海外の写真家も数多く登場するなど、たくさんの写真作品を紹介しています。
じっくり読んだり、写真を眺めて好きな写真家を見つけたり、
それぞれの方法で楽しんでください。

<ピックアップ1>
「作品制作のテーマやタイトルに悩むあなたへ…」


俳優、菅田将暉さんの表紙も人気で完売も早かった本号。写真家の弘法亮さんと菅田将暉さんのアイディアが光る素晴らしい撮りおろしはもちろん、特集では「テーマの決め方」や「タイトルの付け方」など作品制作の悩みを解決する記事を掲載しています!

<ピックアップ2>
「A~Zの写真トピックスで気軽に写真の知識をつけよう!」

気軽に写真の豆知識を楽しみたい人にはこちらがお勧め。A~Zまでの写真のトピックをご紹介しています。Aの「Answer」の項目では3名の写真家が読者のお悩みに答えてくれている他、Xの「eXtream」ではカメラと一緒に編集部員がエクストリーム出社したレポート、「Rule」では著作権法について紹介。表紙&中面インタビューでは写真家の宮崎いず美さんが登場!

<ピックアップ3> 
「STAY HOMEだからこそ撮りたい、いつもと違う家族写真」

家族と一緒に住んでいる方は、STAY HOME期間中に家族のポートレイトを撮影してみては? いつもと違う家族写真を撮りたい人のために、家族写真が作品になるポイントをご紹介しています。「いい家族写真とは何か?」の座談会では、たくさんの写真集を例に、写真家の浅田政志さんや写真評論家の飯沢耕太郎さん、写真研究者の小林美香さんにお話しいただいています。タカザワケンジさん連載「私が影響を受けた写真家」には林典子さんが登場。

<ピックアップ4>
「植田正治、ロベール・ドアノーの構図を比較!」

「構図とは何か?」という問いから始まり、植田正治とロベール・ドアノーの構図を比較して読み解いた記事を掲載。2人の写真家の共通点について紹介しています。写真キュレーター&コンサルタントのマーク・プルーストによる連載「マークの十戒」では7年前に「写真家は個人商店になる時代だ」と話しています。SNSから出てきた写真家も活躍している今を予言するかのような文章をチェック!

そのほか、
vol.83「セルフパブリッシングの可能性」
vol.85「展示とプリントの万全Q&A」
vol.100「伝説の写真家」
などお勧めの号がたくさん!

写真を撮る人は読者投稿「PPCファットフォトコンテスト」の写真講評が参考になるはずです。
ぜひ下記URLから好きなバックナンバーをご覧くださいね。