ウォーカー・エヴァンズ(1903〜1975)はアメリカ・ミズーリ州、セントルイスに生まれた。若い頃はフランス文学に興味を持ち、1926年に渡仏するが、帰国後に写真家の道を歩む。1938年、ニューヨーク近代美術館として初めての写真家の個展『アメリカン・フォトグラフス』を開催した。 Read More