関西御苗場2018 杉山武毅、姫野希美 選出
受賞者インタビュー<眞岡綺音>


2018年9月14日(金)~9月16日(日)までの3日間、大阪・海岸通りCASOにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場」。100名以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた、作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、杉山武毅さん、姫野希美さんが選出した、眞岡綺音さんの作品です。

眞岡綺音 『藤井家』

杉山武毅(六甲山国際写真祭・Mirage Gallery代表)選出理由

真岡さんの作品は、藤井家という親類の家庭を素材にしたパーソナルな作品です。
藤井家にいる非常にキャラクターの強い女の子(さんご)を中心に酪農・農業に走り回る家庭の姿を丁寧に描いているみずみずしい作品です。編集と写真の選択を磨けば、今後さらに発展していく作家としての力量が期待されます。頑張ってください。

姫野希美(赤々舎代表)選出

身近な人や存在のかけがえのない瞬間を撮りながら、周りの状態を含めて見つめる冷静さが本能的に備わっている。力強さと距離が同居する感覚に惹かれました。

眞岡綺音さんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

動物が大好きで、怒ったらすぐにふくれて拗ねる。調子乗りで遊びに関したら有言実行。
食べ物のことで取り合いになったら力づくで奪い取って、婆々が参ってしまうくらいの親戚いち食意地の張ってるさんご。
どこか自分と似てる気がする。小さいときの自分を見てるみたい。
 

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

小学校4年生のさんごが無邪気に牛舎で走り回る、ユーモアな世界観。たまに見せるどこか大人っぽく見える神秘的なさんごの世界観をいろんな方に伝えたいです。

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

街で写真を撮ろうとしても、人の目を気にしてあんまり自分の思うような写真が撮れなかったのですが、さんごはカメラを向けても嫌な顔ひとつしないで、シャッターを切るたびにポーズを1回1回ノリノリで変えてくれたり、シャッターが切れないくらいにカメラに近づいてきたりして、撮っているこっちまで楽しい気持ちになるからです。

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

牛舎のあるおばあちゃん家は奈良県で、さんごの家は京都府なので丸一日休みの日しか行けなかったところ。さんごが大きくなってきて写真を撮られることにちょっと嫌がり始めてきたところです。
 

作品に対する熱い思いを語ってください!

写真を初めた高校1年生のときから3年間撮り続けていて、知り合い以外にも、私のことを知らない多くの方に見えもらえて評価してもらえたのが嬉しかったです。これからもっと写真を頑張ろうと思わせてくれた作品になりました。

今後目指していることなどあれば教えてください。

もっとたくさん写真を撮って自分にしか撮れない写真、自分の世界を見つけられるようになって、アーティスト写真やグラビアを撮ることができるカメラマンになりたいです。
 

眞岡綺音

2000年、大阪府生まれ。大阪府立成城高等学校3年生。関ジャニ∞の横山裕を撮りたいと思い、高校1年生から写真をはじめる。よみうり写真大賞1席、 全日本写真展 銅賞受賞。写真展に「大阪府立成城高等学校5人選抜展『やってみたかっ展』」、「大阪府立成城高等学校3人選抜展『Ambition』」など。
Instagram:@airingo_509

作家応援プロジェクトについて

関西御苗場2018・レビュアー賞受賞者には「作家応援プロジェクト」参加権利が与えられます。

2018年3月に横浜で開催された御苗場2018と、関西御苗場2018でのレビュアー賞受賞者の中から、選ばれた「年間最優秀者」1名に、100万円を上限として希望するカメラ、レンズの提供をさせていただきます。

他の受賞者インタビューを読む

>>山口晴久 選出 山本優花『愁苦辛勤』