1. HOME
  2. Event
  3. 御苗場2019 小林正明選出 受賞者インタビュー<村田有花>
Event

御苗場2019 小林正明選出 受賞者インタビュー<村田有花>

Event, 御苗場


2019年2月28日(木)~3月3日(日)までの4日間、横浜・大さん橋ホールにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場2019」。270以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、小林 正明さんが選出した、村田有花さんの作品です。

村田有花 『blue』

小林正明(ゲッティイメージズ:シニア・アート・ディレクター)選出理由

私はゲッティイメージズという会社で広告写真のディレクションをしています。1日の長い時間、プロジェクターに映し出されるRGBの写真を見ているのですが、御苗場に来て嬉しいことはプリントの持つ力を改めて感じさせてもらえることです。

初日の朝、一つ一つブースを観て周っていたのですが村田さんのブースの前に来て、身体中に吹き出したドーパミンの音が聞こえました。作品の持つ身体性、暴力性、その毒が身体に心地良さをくれ、暫くその場から離れられないインパクトがありました。村田さんのこれからの活躍を大いに期待&応援しています。

村田有花さんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

手を刺したいと思ったのをストレートに表現しました。しかしただ単に自傷したいわけではありません。痛みで目を覚ますような、再起動や浄化の痛みが欲しいと思いました。

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

行き詰まってもまだ進める、みたいなニュアンスが伝わったら嬉しいです。

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

ふと手を刺したいと思ったこと。

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

なかなか納得のいく写真ができなかったこと。今回の作品は2日前に仕上がり、前日に夜なべして額装しました。

作品に対する熱い思いを語ってください!

本当に難産でした。仕事と製作のバランスが難しく体調を崩したりしました。ですが今回の御苗場でいろんな人から感想をいただいたりレビュアー賞をいただいたりして、改めて、一番苦しいのは写真だけど一番楽しいのも写真だなあと思えました。
顔などの個人を特定するパーツを入れてないのは、誰でも感情移入ができるようにです。我ながら良い作品だと思います。

今後目指していることなどあれば教えてください。

自分のやりたいことを突き詰めて、ビックな写真家になりたいです!

村田有花

1992年11月20日生まれ、大阪府出身。日本写真映像専門学校に入学後、本格的に写真を撮り始める。卒業後に上京。現在は都内でスタジオマンをしている。APAアワード2018・2019年に入選。2019年5月2日~5月6日に吉祥寺の古本屋『一日』にて個展を開催予定。
Webサイト:muratayuka.com

他の受賞者のインタビューを読む


フォトディレクターの推し写真集

まちスナ日和