関西御苗場2018 テラウチマサト選出
受賞者インタビュー<花井 達>


2018年9月14日(金)~9月16日(日)までの3日間、大阪・海岸通りCASOにて開催された日本最大級の写真展イベント「御苗場」。100名以上の写真好きによる個性豊かな展示のなかから選ばれた、作品を紹介します。

本記事で紹介するのは、テラウチマサトさんが選出した、花井 達さんの作品です。

花井 達さんの受賞及びノミネート
受賞:レビュアー テラウチマサト選出
ノミネート:レビュアー姫野希美さん/赤々舎、エプソン賞、オーディエンス賞

 

花井 達 『祝言(しゅうげん)』

テラウチマサト(写真家/御苗場総合プロデューサー) 選出理由

多様な作品があって非常に迷いました。
仕事で結婚式を撮られているそうですが、儀式が繰り広げられる中で、こんなシーンがあるのかと驚きました。単純に1日、2日で撮れる写真じゃないなと。
前撮りされたスタイルの途中に撮った作品もあって、楽しさと驚きと発見に溢れている。そこを評価して選ばせていただきました。

花井 達さんインタビュー

作品のテーマ、コンセプトを教えてください

祝言に欧米様式を取り入れ、ブライダル産業として定着し、独特の変化を遂げた日本の結婚式ですが、昔から変わらないであろう「一生懸命祝おうとする人たちの気持ち」を僕なりの視点で写真にしました。
 

この作品で一番伝えたいことはなんですか?

自分を信じて、写したいものを写す事は怖くないということ。
固定観念を捨て、新しい景色を見渡し写す勇気です。
 

この作品を撮影することになったきっかけを教えてください

結婚式当日、全てを見られない新郎新婦の代わりに、僕がふたりの眼となって、「こんなに楽しい瞬間があったんだよ!」と教えてあげたくて撮り始めたのがきっかけです。
 

作品をつくる上で苦労したことはありますか?

1枚の写真で完結するインパクトの強い写真を集めたので、相乗効果が期待出来るように配置する事に苦労しました。
 

作品に対する熱い思いを語ってください!

僕の写真で、みんながちょっと笑顔になってくれて、世界がちょっと平和になったら幸せです。笑
 

今後目指していることなどあれば教えてください。

もっともっと勉強します。
そして、個展!写真集出版!積極的に写真を発表して行きます。

花井 達

1978年生まれ、愛知県名古屋市出身、在住。大学卒業後、フォトスタジオ入社。2007年、花井達写真事務所設立。明治安田生命マイハピネスコンテスト2014 マイハピネス賞(TVCM放送)、ウエディングフォトアワード2015 単写真部門 金賞など。

作家応援プロジェクトについて

関西御苗場2018・レビュアー賞受賞者には「作家応援プロジェクト」参加権利が与えられます。

2018年3月に横浜で開催された御苗場2018と、関西御苗場2018でのレビュアー賞受賞者の中から、選ばれた「年間最優秀者」1名に、100万円を上限として希望するカメラ、レンズの提供をさせていただきます。

他の受賞者インタビューを読む

>>Wonder Foto Day賞 Chika Usui『わたし かかし をかし』

>>digmeout 選出 小野友暉『She is…』